らいっちのPC奮闘記

パソコン関連の購入と感想のレビューやトラブル記と解決レポートの個人ブログ。

タグ:HDD

Seagate Barracuda 7200.14 ST3000DM001 3TB

WesternDigital Caviar Green WD30EZRX 3TB
の比較

ST3000DM001について


1TBプラッタのディスクを3枚使った3TBです。
ディスクの枚数が多いモデルよりも低騒音・低発熱で、データの高密度化によりシーケンシャルの性能が高くなっています。
ディスクの回転数は7200rpmで省エネモデルの5400rpmよりもシークタイムが短くてアクセスが早いです。
SATA 6Gbpsに対応していますが、3Gbpsの速度内であるため接続はどちらでも変わりません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

拡張カード ASUSTeK U3S6 (SATA3.0 6Gbps対応) を使用した場合です。

2011/08/31 一部、比較に用いるデータを変更しました。

ICH9R接続やベンチマークの詳細は後ほどWebの桜PCにまとめます。

Intel 510 Series 120GB (SSDSC2MH120A2)
Crucial M4 256GB (CT256M4SSD2)
・Western Digital Caviar Black 1TB (WD1002FAEX)
・Western Digital Caviar Green 3.0TB (WD30EZRX)
の順に横に並べています。

※WD15EADSからWD30EZRXに変更しました。起動時間の測定はMBRに変換して測定しています。それ以外はGPTディスクで初期化しています。
MBRでは使用できる容量が2TB迄に制限されるのみで、性能への影響はありませんが、GPTディスクからの起動に対応したシステムで使う場合は起動時間がほんの少し変わるかもしれません。


Caviar Blackは性能重視のHDDです。
Caviar Greenは省電力重視のHDDです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ