らいっちのPC奮闘記

パソコン関連の購入と感想のレビューやトラブル記と解決レポートの個人ブログ。

カテゴリ: インターネット

フレッツ光の装置取り外し工事が終わりました。

光コンセントがなく光ファイバーが直接ONUに接続されているタイプのため、業者の人が線を途中で切って光コンセントを設置していきました。

これで、NUROからフレッツ光には簡単に戻せるわけです。戻す予定はないですけどね。

フレッツ光の配線が邪魔な場合、配線の撤去工事は別料金が掛かります。

フレッツ光で使っていたONU
Flets16002
続きを読む

無事にSo-netのNURO光で快適通信環境に変わりました。

茨城県西地域(南部)ですが、夜間はNUROも混雑しますがフレッツ光よりもかなり良いです。

オンラインゲーム内Pingは、フレッツ光の夜間は30-500msで時折1000ms以上に跳ね上がることもありましたが、NURO光は100ms以下で安定しています。
負荷の低い場面では16-31ms程度でとても安定しています。
1000msは1秒間固まってる状態になるので、かなりプレイに支障がありました。

NURO光では夜間が遅くても30Mbps以上あり、だいたい100Mbps前後です。

パケットロスは生じなく、Huluもオンラインゲームも止まることなく快適になりました。

スマートフォンやタブレットもIEEE11ac接続対応ならば電子コミックのダウンロードも早いです。

P2Pでのプレイ動画のメンバー配布はすごく速くなりました。
NASにファイルを置き、そちらにアクセスしてもらうようにしています。
【関連】:LS410DXのWebアクセスでファイルを配布する

一般的なソフトウェアのダウンロード等はダウンロード元のサーバーの混雑によりあまり変わりません。特に海外サーバーはこちらの回線速度はあまり関係ないです。

So-netのインターネット接続サービス 一覧(NUROもこちら)


続きを読む

NURO光の屋内工事は無事にできました。あとは屋外工事を待つだけ。
屋外工事が混雑していて、申し込みから1ヶ月後というのが長いですね。

NURO光申し込みからの現在のスケジュールは、
2016/01/10 申し込み
2016/01/14 NURO光 so-net契約内容のご案内が届いた
2016/01/21 工事日の連絡がきた
2016/01/25 屋内工事
2016/02/19 屋外工事-開通予定
となっています。

光コラボが始まってからフレッツ光の接続が不安定になっているので、毎月の料金が安いしNURO光に決めました。

So-netのインターネット接続サービス 一覧(NUROもこちら)

続きを読む

IE (InternetExplorer)でSSLを使ったhttps通信が使えなくなった場合は、設定でSSL2.0/3.0を無効にしてTLS1.0/1.1/1.2を有効にすることで繋がるようになります。

IEssltls
続きを読む

Web設定でアップデートを確認しても、「このLinkStationは、最新のファームウェアが適用されています」とでていますが、BUFFALOのサポートにはVer.1.31 [2014.2.13]が公開されていたので、そちらをダウンロードして実行しました。
【情報】:BUFFALO LS400Xシリーズのダウンロードサービス
続きを読む

共有フォルダは一般的に、アクセス権限がなくてもネットワーク探索で見えてしまいます。

フォルダが見えるということは、不正アクセスを試すことができてしまいます。そのため、重要なファイルは見えないフォルダに置くべきです。

フォルダ名そのものを見られたくない場合もあります。
例えば、フォルダ名に「Adult」とあったら、俺にも見せろ!と言われるかもしれませんね。

BUFFALOのNAS LS410DXでは隠しフォルダとして共有フォルダを設定する機能があります。

続きを読む

SMBに対応したファイル管理アプリを使うことで、スマートフォンLS410DXで設定した共有フォルダを扱うことができます。

ここでは端末au SHARP SHL22に個人的にお気に入りのアプリ 「ESファイルエクスプローラー」を例に上げます。続きを読む

NAS(ネットワーク対応のHDD)のLS410DXはローカルネットワーク上だけではなく、インターネットからアクセスできるWebアクセス機能があります。

この機能は特定の相手にファイルを配布することにも使うことができます。
続きを読む

端末のIPアドレスを固定すると、UPnPに対応していない通信や、端末同士で簡単に共有することができるようになります。

端末のIPアドレスを固定するには、MACアドレスIPアドレスを紐づけてルーターで管理する方法と、端末がネットワークに繋ぐときにルーターによるDHCPによる自動割り当てではなく、端末が直接IPアドレスを指定して繋げる方法があります。

端末でIPアドレスを指定する場合はその端末が接続される度に、同じIPアドレスが割り当てられている別の端末があると、接続が切れてしまうことに注意が必要です。
続きを読む

このページのトップヘ