らいっちのPC奮闘記

パソコン関連の購入と感想のレビューやトラブル記と解決レポートの個人ブログ。

カテゴリ: 家電

低価格な電子書籍リーダーのKobo Touchを買ってみました。

koboTouch01

解像度は6インチの600x800で16階調のグレースケール。
E-Inkを採用した電子ペーパーなので発光が無く、間接照明が必要です。

使用するには楽天のアカウントを登録設定する必要があります。

PCにkobo Desktopをインストールして、kobo touchを付属のUSBケーブルで接続する必要があります。
続きを読む

TW700はPCでデータを管理できる歩数計です。
ソフトのpebNote 2.0ではWindows7 64bitにも対応しました。

TW700の詳細とpebNote最新版のダウンロード

管理できる情報は、歩数の自動入力の他に、
目標歩数、総歩数、距離、脂肪燃焼量
天気、体重、胸囲、行動と食事量

CSV形式でのデータの取り出しも可能です。
Excel等で自分で管理したい場合に使います。

バックアップ機能が無く、Cドライブを初期化した場合はそれまでのデータが消えてしまうので、自分で保存フォルダを別の場所にコピーしておく必要があります。

PebNoteのユーザーデータが保存されている場所
(Winfows7の場合)
C:\Users\Public\CITIZEN-SYSTEMS\pebNote\userdata
エクスプローラーでたどる場合は「Cドライブのユーザーのパブリック」になります。
フォルダ「CITIZEN-SYSTEMS」を別の場所にコピーします。

復元する場合は、一度PebNoteを起動して何も入力しないでそのまま閉じます。次に、保存したフォルダを上書きコピーします。

起動する前にコピーすると、初めてPebNoteを起動した時にデータが初期化されてしまうので、起動して何もしないで閉じてからコピーすることで保存して置いたデータを引き継いで使うことができます。

【PR】Amazon:シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計peb TW700 ブルー TW700-BL
(青色以外もあります。私は赤色を所有。ピンクや白も人気)

ブログネタ
MP3プレーヤー に参加中!
iPod nano 16GBを購入したので、iTunesを導入しました。

現在のiPodとiTunesはずいぶん使いやすくなりました。

昔はWindowsと相性が悪すぎて使い物にならなかったiTunesですが、iTunes8にもなると特に問題もなく、曲の管理が快適です。

iPod nanoは最初いろいろトラブりました。曲が転送できない、バックライトが光らない、電源が入らない。

修理に出そうかと調べていたら、快調になりました。iPod nanoはツンデレ?

CDのジャケットは、一体型プリンターのスキャナで取り込み。Canonなので、MP Navigatorを使い、カラー写真モードで100dpiを使用。

スキャナには2枚同時に置くことができ、写真モードでは2枚別々に傾き補正されて画像にしてくれます。これがとっても便利!

音質はPCで聴く分には問題なし。AppleロスレスはATRACロスレスよりもファイルサイズが小さいです。ただし、iPodに低ビットレートで転送するには別ファイルも作成することになります。ATRACならば転送時は低ビットレートのATRACファイルとして転送可能です。

iPodの音質は、クリア感に欠けます。イヤホンを変えてもソニーには敵いませんね。イコライザは使うと音が汚くなってしまうし。PCでiTunesでもイコライザは使いたくない。ヘッドホンを使い分けるのが最高です。

iPodの場合、楽しさと所有感重視。音質ならソニー系。iPodもウォークマンも薄くなりすぎてバッテリーの保ちが悪いのが最大の問題です。

電気自動車にしてもソーラーシステムにしても、電気を貯めておけるバッテリーの効率が最大の焦点ですね。

iPodブログはこちら

ブログネタ
PCの周辺機器 に参加中!
PC用のデジタル放送チューナー・キャプチャーがまもなく発売されますが、安さ以外に魅力がないです。

現在のデジタル放送の仕様だと、高くてもブレーレイ・レコーダーを買った方が良い!

録画した番組を、新しいチューナーに取り替えると再生できない、マザーボードが壊れて交換やPCのアップグレードなどで再生できない、エクスプローラーで別のドライブに移動させるだけでも再生できない。

簡単に録画した番組が再生できなくなるのなら、構成が短期間で変わってしまうPCで扱う意味はありません。

ブルーレイ・レコーダーやDVD・レコーダーならば壊れるまで使い続けます。たとえ、新しいレコーダーに取り替えても、見たい番組をHDDに残しておくのならそのまま一緒に使い続ければよいのです。

しかし、PCでは、テレビだけのためには使いません。それならば録画用PCを用意することになり、レコーダーを買うのと変わらなくなってしまいます。

また、デジタル放送のハイビジョン画質での録画には高い性能も必要です。性能が低いPCでは、録画中は他の作業をしていると綺麗に録画できなくなる場合があります。古いPCでは何もしていなくても性能不足なこともあります。

よって、PCでのデジタル放送はこんな場合に最適です。

・PCでテレビが見たい。
・HDDへの録画は一時的なものとして扱う。

このような使い方ならば、わざわざレコーダーを用意する必要はなく、安く録画もできるPC用チューナーは魅力です。

このような使い方は不向きです。

・番組を整理したい。
・編集して余分な部分を削りたい。
・携帯プレーヤー用に変換したい。

これらは残念ながらPCでは厳しい制限があります。

PCではデジタル放送を扱って欲しくないのが、TV業界の本音です。

ホントは嫌だけど、デジタル放送が普及できないと困るから仕方なく発売可能にした。日本のこういう体質何とかならないものでしょうか。

なお、PCに高い性能の他に、HDCP対応の映像出力(ビデオカードなど)とHDCP対応のディスプレイモニターが必要です。HDCPに対応していないと、保護されたデジタル放送が表示されませんので、古いモニターやPCを使っている場合は対応していないことが多いので注意が必要です。

個人的には、ナナオのAVセンターモニターFlexscan HD2451WまたはFORIS.HDにソニーのブルーレイレコーダーを組み合わせて使いたいですね。合わせて30万円貯めないと・・。

EIZO Flexscan HD2451Wについて
Joshin web:ブルーレイ・レコーダー一覧icon

ブログネタ
人気の家電 に参加中!
ダメ元で購入してみたテレビ信号を増幅するブースター

iconicon

結果は感激!ノイズがスッキリ消えてくれました。5千円ほどでこれほど改善するなら満足です。

しかし、ゴミ処理場の大きな煙突での電波の反射によるゴーストは強調されてしまったようで、今まで気になっていたNHKだけでなく、全チャンネルでゴーストが気になります。ゴーストはアナログ特有の現象で、デジタルに移行すれば無くなるのでそれまでの我慢ですね。ノイズ低減処理しても見苦しいのと違って、ゴーストはテレビチューナーの機能でかなり改善します。



私が購入したのは、日本アンテナのUVコンセントブースター VRC-202
で、スイッチ類が無くてコンセントとTV線を接続するだけで簡単です。増幅される信号は地上放送(UHF・VHF、地デジ)のみで、BS/CSはスルーされます。

UVコンセントブースター VRC-202icon
その他のブースター、分配機、アンテナ等icon



モニターをデジタル放送対応のFORIS.HDに取り替えたいですがまだ予算がありません。

予算があるならHD2451Wにチューナーを別に取り付けるか迷うところですけどね。スピーカーは不要とはいえ、チューナー内蔵のFORIS.HDの方がHDMI端子が多いしリモコンで操作できるのは魅力ですが、HD2451Wのスタンドとオートファインコントラスト機能も大きな魅力です。スピーカーも取り替えたいので20万円を超えてしまいます。

FORIS.HDについて
HD2451Wについて

ブログネタ
カーナビゲーション に参加中!

ずいぶんと書くのが遅くなってしまいましたが、カーナビは無事に取付終わりました。

ナビを再び取り外しても特に線の接続忘れなどはありませんでした。外すときにねじが1本下に落ちてしまい、行方不明になりました。ギアのところに落ちたのかと思ったのですが、パネルを外しても何も見あたらず、奥を棒などで探してみても見つかりません。上で配線に引っかかっている様子もなくお手上げです。これ以上探すにはかなりいろいろ外さなければならないので諦めます。

ナビ側に問題がなかったので、カメラと変換器の接触を調べてみると接触不良が起きていました。カメラ側の線がとても細いために2つの線を合わせる一番小さい白いやつでも緩いようで、線の保護カバーがちょっとしか剥けずに動かすと接触したりしなかったりするようです。線を切らないようにカバーを引き抜くように剥いたら常に接触してくれるようになりました。

動作確認をして再びナビを取り付けるとき、今度はドライバーの先端が落ちてしまい同じように見つからなくなってしまいました(T_T)どこに行ったのかさっぱり分かりません。

テレビのアンテナは取り付けませんでした。誰も車でテレビはみないし。外に取り付けると何されるか分からないし。駐車場でボール遊びする人のボールがぶつかったりとか、猫が上って滑り落ちてるとか・・・・。TVアンテナも純正のをそのまま利用できると良かったんですけどね。出力が一体型のタイプなので変換器すらありませんでした。

NaviはカロッツェリアのAVIC-77MDです。車移動により新たに購入した物、VICS(前は付けていなかった)、純正バックカメラの変換器(ヤフオクで落札)、GPS金属シート(はがすと歪んで使えなくなったのでヤフオクで落札)。


スパシオなら今までの車と大きさが同じなのでバックカメラは無くても良いと思っていましたが、実際はあるととっても便利ですね。後方の状態がよく分かるので、飛び出しとかに注意していれば済むのでかなり気分的に解放されました。カメラがないときは気にすることが多すぎて大変でした。前を確認して後ろを確認して頻繁に首を動かさないといけないし。バックカメラがあるとある程度入ってしまえば、モニター見ながら位置決めできるので便利です。

11月上旬に、楽天トラベルで宿を予約して親と紅葉旅行に行ってきました。慣れない車なので、高速で速度出すのは最初は怖いですね。トラックとか追い越すときの風の受け方が大分違って感じました。

小さくてもミニバンなので補助椅子使わなければ結構ゆったりしてますね。

山道はMT車のと違って頻繁にギア入れ替える必要がないので楽でした。ところで、O/Dってどんなときに変えるものなのでしょうか?普段は有効のままで良いようですが、使い道が分かりません。

ナビはHDDナビなので細かいところまでよく分かって良いですね。設定をポイントまでの距離を表示するフリーズームを有効にしたら大分見やすくなりました。ただ、近づいたときは良いのですが、遠いときでも縮尺が500mなのがちょっと難点です。1Kmまたは2km表示だと大分分かりやすいのですが。カロ特有の直前案内はとても重宝しています。

参加者500万人以上のヤフオクをはじめよう!

ブログネタ
カーナビゲーション に参加中!

原因は車速とバックのナビ側の線を付け間違えていました。

車速よし!バックよし!バックカメラはナビの初期学習が終わるまで車を動かさないと作動しないからよし!

これで完了!

 

 

・・・とおもいきや、バックで車を動かしてもバックカメラが真っ黒!

線を押し込むときに外れたか、変換器のアース線を外して付け忘れたかのどっちかでしょうね。また外すのめんどいのですが・・(泣)

今日も日が暮れてしまったのでまた明日です。

ブログネタ
カーナビゲーション に参加中!

ヤフオクも利用して必要な部品は全部揃ったが、認識されていない箇所がある。

ナビはトヨタ純正のDVDナビから、前から使っているパイオニアのHDDナビへの交換なのだが、バックと車速が認識できていないらしい。

バックカメラはそのままでは使えないので、変換器を使ってRCA出力にしたが、これはVTR入力では正常に表示された。しかし、バックカメラとしては表示されない。調べてみたら、バック状態を認識できていないらしい。

バックの線はRに入れた状態で通電されて、他の状態では電気が通っていない状態になる。これは簡単に調べることができるので、接続した線は間違ってはいない。

純正ナビでは同じコネクタに車速・バック・パーキングが使われているので、Rで変化するのはバックしかない。

車速も、トヨタは紫に白い線なのでこれも間違いはないはず。

どうしてこの2線だけがうまく接続できていないのかは謎。前の車では問題なかった。

暗くなってしまうとさっぱり作業ができないので、続きは明日にします。中途半端状態だと、ナビが盗まれやすく危険なので、とりあえず、パネルだけはかぶせました。

だれか、アドバイスください。何か、見落としているのでしょうか。

ブログネタ
●車関係何でも ● に参加中!

ナビ車を取り替えるのでカローラに取り付けていたナビを取り外しました。次の車はカローラスパシオです。大きな車だと親が運転できないし、最低6人乗りじゃないと人数オーバーなので、スパシオになりました。

私的にはWISHが良かったのですが、さすがに高いので無理!予算は税金や手続きなど全部入れて100万ですので。

スパシオは中古車ですが純正ナビが付いているそうなので、ナビを取り替えるかどうかを使ってみて判断します。今まで使っていたナビはPioneer carrozzeriaのAVIC-ZH77MDで、タッチパネルのHDDナビです。

carrozzeriaは直前案内が重宝します。どこかなーと迷ってるときに、「右です」など教えてもらえるのはありがたいですね。たまに、ナビの案内がおかしいときがあるので間違えることも多いですが・・。道がナビは右ですというのに実際に走っていると直線だったりするので難しいですね。こういったのは実際の道路上と地図上の表現の違いなのでいつになっても解決は難しい気がします。(道なりに右ですとかあるとありがたいのですが。中途半端に交差する道が紛らわしい)ナビ画面を見ていればだいたい大丈夫ですが、古い車なのでナビの取付位置が下のため直前に画面を確認するのは難しかったのです。

ナビを取り外すのは簡単でした。付けるときは大変でしたが・・・。PCの自作ができれば何とかなります。良いナビの場合は、車の車速パルス線など見つけて配線しないとならないのでPCよりは相当難しいです。力は使いませんが狭い車の中なので、体勢的に体全体を使うので疲れます。分からない配線はディーラーで聞くしかありません。(業者に頼むとナビの取付に数万円かかるので自分でやるとお得)

ナビは地元では28万円ぐらいで売られていましたが、ネットで22万円程度で購入しました。工具なども同時注文で+1万円ぐらいです。

私が購入したのはこのお店
DIYのカーオーディオ屋さん

工具まで揃ってしまうので頼もしいお店でした。内張はがしとターミナルセットは必須です。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050826/rio.htm
によると、ソニックブルーから受け継いだD&MがMP3プレーヤー事業から撤退するためRioシリーズも消えてしまう運命のようです。

私は最近までRio Voltを使っていました。今となって不満だらけですが、当時としては600MBもあるCD-Rにたくさん曲が保存できる!メニューから好きな曲を選んで気軽に聞ける!と大変便利でした。MP3よりもファイルサイズが半分で同等の音質であるWMA 64kbpsが使えたのがとても魅力でした。

一般の家電とは違いファームウェアのアップデートによりより使いやすく改良されていくのもPCの周辺機器に近い感じで好きでした。

Rioシリーズはデザインがとても良いんですよね。消えてしまうのはもったいない気もします。

デザインが魅力のRioシリーズicon

現在は音楽ケータイW31Sをポータブルオーディオとして利用しています。メモリが最大で128MBしか対応していないのがとても不便です。

このページのトップヘ