Windows10 Anniversary Updateを適用して、困ったけど解決できたことを書いておきます。

トラブルとしてまず問題に当たったのが、
付箋が無くなったのと、スリープからの復帰でパスワードが必要になってしまったことです。

付箋が消えた!


「スタート」「すべてのプログラム」「Windows アクセサリ」にあった「付箋」ですが、
「スタート」「Sticky Notes」に移動しました。

名称も付箋から「Sticky Notes」に変わってるので見つけにくくなってるだけでした。
Win10-1607-001

スリープからの復帰でパスワードの省略が消えた!


「コントロールパネル」「電源オプション」「スリープ解除時のパスワード保護」で「パスワードを必要としない」ことができましたが、

「スタート」「設定」「アカウント」「サインイン オプション」に統一されました。「サインイン オプション」にある「サインインを求める」で「PCがスリープから復帰したとき」を「表示しない」に変更することでスリープからの復帰時のパスワードは不要になります。

「サインイン オプション」はAnniversary Update前から存在していましたが、スリープ解除時のパスワード保護は「電源オプション」にもあったので混乱しました。
Win10-1607-002



Anniversary UpdateでWindowsの設定の一部が初期状態に戻ってるのでお復習いです。

Windows10のパスワード設定


パスワード関係の設定は「スタート」「設定」の「アカウント」にあります。

『Microsoftアカウント』と『ローカルアカウント』の切替は「アカウント」の「ユーザー情報」にあります。

Microsoftアカウントを使うアプリを設定するとWindowsのログオンも『Microsoftアカウント』に切り替わる場合があるので、ローカルアカウントに戻したい場合はここで切り替えます。

「ユーザー情報」の「サインインオプション」では、スリープから復帰した場合のパスワードの扱いの他に、
『Windows Hello』ではWBFに対応している指紋認証がパスワードの代わりに設定できますが、先に『Microsoftアカウント』で『PIN』(暗証番号)を設定しておく必要があります。
Windowsのログオンには『ローカル アカウント』でも使えました。
Protect Suite などWindows10非対応のドライバとアプリはアンインストールしないと『Windows Hello』の指紋認証が正常に使えないのでご注意ください。
【PR】Amazon:指紋認証


特定のユーザーアカウントでWindowsをパスワード入力なしで自動起動したい場合は、「ファイル名を指定して実行」で『control userpasswords2』と入力して、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名をパスワードの入力が必要」のチェックを外して無効にします。それから自動ログオンしたいアカウントを選択します。

『ファイル名を指定して実行』は「スタート」「Windows システムツール」にあります。「スタート」で起動できるアプリや機能は右クリックして「スタート画面にピン留めする」でタイルに登録できるので、よく使う機能はタイルに登録しておくと便利です。
Win10-1607-003
Win10-1607-004

Windows10のスタート


Anniversary Update(バージョン 1607)で『スタート』メニューの「すべてのプログラム」が最初から表示されるようになりました。

『スタート』の設定は「スタート」「設定」「個人用設定」の「スタート」にあります。

タイル数を増やしたり、おすすめを表示しないにしたり、よく使われるアプリや最近追加したアプリを表示しない設定に切り替えることができます。
Windows8のように『スタート』を全画面表示で一覧性を高くすることもできます。

起動したいアプリや機能がどこにあるのか分かっている場合は長くスクロールさせなくても、『最近追加されたもの』などの見出しをクリックすることで「英字」や「かな」の先頭文字から展開することができます。
Win10-1607-005

また、左上の「三」マークを開くことでAnniversary Update前のように基本ボタンの名称が表示されます。
Win10-1607-006

タイル(スタート画面のピン留め)の幅はマウスで境界線を引っ張ることでも広げることができます。また、下方向にスクロールさせてピン留め数を増やすこともできます。
Win10-1607-007
Win10-1607-008

Windows10の壁紙設定


背景の設定は「スタート」「設定」「個人用設定」の「背景」にあります。
「コントロールパネル」の「デスクトップの背景」や「デスクトップを右クリック」での「個人用設定」でも同じ設定に飛びます。

マルチモニタでモニターごとに壁紙を変えたい場合、コントロールパネルから辿ることはできなくなりましたが、コントロールパネルの壁紙設定はAnniversary Update後も内部に残っており、直接開くことで設定することができます。
デスクトップを右クリックして「新規作成」で「ショートカット」を作ります。
リンク先を[C:\Windows\System32\control.exe /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper]をコピーして貼り付けて、ショートカットの名前を[壁紙設定]とします。

Win10-1607-pageWallpaper001

使いたい壁紙画像を選択して右クリックで「モニター1」や「モニター2」に割り当てましょう。複数選択するとモニターごとではなくスライドショーになってしまいます。
Win10-1607-pageWallpaper002

モニターごとにスライドショーのように複数の壁紙を変更したい場合はWindows10対応の壁紙変更アプリを地道に探すしか無さそうです。

Windows10の半透明タスクバーと色つきタイトルバー


「スタート」「設定」「個人用設定」「色」で、
タイトルバーの色と、タスクバーの色や半透明の設定が変更できます!

意外と知らない人多い?
標準だとタイトルバーが全部白くなってしまいますが、ここで色を選択することができます。
Win10-1607-009
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック