NURO光の屋内工事は無事にできました。あとは屋外工事を待つだけ。
屋外工事が混雑していて、申し込みから1ヶ月後というのが長いですね。

NURO光申し込みからの現在のスケジュールは、
2016/01/10 申し込み
2016/01/14 NURO光 so-net契約内容のご案内が届いた
2016/01/21 工事日の連絡がきた
2016/01/25 屋内工事
2016/02/19 屋外工事-開通予定
となっています。

光コラボが始まってからフレッツ光の接続が不安定になっているので、毎月の料金が安いしNURO光に決めました。

So-netのインターネット接続サービス 一覧(NUROもこちら)

電話も一緒に移すならauひかりの方が大幅に安くなるんですけどね。スマフォがauなので。

NTT電話はそのままに、光回線のみをNURO光に変えることにしました。

Bフレッツ100Mbps(現:光ネクスト・ファミリー)だと、毎月の料金はNTTに5200円+So-netに1200円
NURO光だとSo-netに4743円のみ(2年契約のG2Vの場合)となります。
NTTからの転出では無いので、NUROが開通したらNTTの光回線の解約手続きが必要です。

屋内工事は屋外の光キャビネットの取り付けと、屋内のONUへの配線までです。
屋外工事で光キャビネットと電線が繋がると開通となります。

光キャビネットの取り付けと屋内への配線。
NURO16001

屋内の配線と光コンセント、光コンセントとONUへの配線。
NURO16002

Bフレッツでは外からの配線が直接ONUの中に接続されていて外せませんが、光コンセントはモジュラージャックのように抜き差しができます。
ONUやルーターに問題が生じたときに工事不要で簡単に交換できます。
ONU側も差し込み口がカバーで保護されているだけで、この配線も外せます。
NURO16003


NURO光の特徴


NURO光 G2Vの場合は毎月の料金が4743円
2年契約更新で、更新月以外の途中解約する場合は契約解除料が9500円かかります。
工事費は4万円分を30ヶ月で分割支払い。キャンペーン内容により実質無料。途中解約する場合は残りの工事費が請求されます。
契約事務手数料は基本3千円。キャンペーン内容により割引されます。

NURO光の戸建てタイプは5階以下のマンションも対応になりました!ただ、工事ができるとは限らないようです。
戸建てタイプとマンションタイプの違いは、戸建てタイプは各家庭に直接配線されます。マンションタイプは共用の配線となります。

NURO光 G2Vの場合、下り(DL)速度は最大2Gbps、上り(UP)速度は最大1Gbpsです。
マルチセッションで複数の接続が同時に行われてる場合に重くなりにくいというのが最大2Gbpsの特徴です。
ただ、ベストエフォート方式で回線が共有されているため、混雑により100Mbps以下の速度になることもあるようです。

Bフレッツ100Mbpsの場合は回線に余裕が無く、混雑するとTVのHuluなどの動画サービスで途切れてしまうので、回線速度が早い新しいサービスのNURO光には期待です。
最高速度よりも通信の途切れにくさが重要。

契約内容


  NURO光 G2V 戸建て
  XPERIA Z3 Tablet Compact もらえるキャンペーン
  開通月 0円、2ヶ月目 5542円、30ヶ月まで4742円、31ヶ月以降4743円。工事代金は30ヶ月までの割引額で相殺。

2016年2月のキャンペーン

NURO公式サイト(So-net)でのキャンペーンは現在2種類あります。それ以外のSONY公式のキャンペーンや代理店のキャンペーンもあります。
So-netのインターネット接続サービス 一覧(NUROもこちら)

NURO公式の場合、URLは「www.nuro.jp」となりますのでアドレスをご確認ください。
NURO 光(広告用のリンクですが広告の打ち切りまではNURO公式)



NURO(So-net)公式のキャンペーンは時期によって変わります。また、複数のキャンペーンがあって選べるときもあります。それぞれ申し込み方法が違いますので、必ずキャンペーンページを確認しながら申し込みましょう。
So-netの契約をしたことがない「新規」と、他の回線サービスでプロバイダとしてSo-netを使っている「コース変更」では申し込めるキャンペーンや内容に差異が生じる場合が多いです。

1年間 月額2980円キャンペーン」はその名の通り、1年目の毎月の料金が2980円になります。工事費は30ヶ月分割払いからの割引で実質無料。途中解約する場合は2年契約の割引に伴う解約料9500円と、30ヶ月の残存する工事費の支払いが必要になります。
1年間の支払いは1月目は無料で、工事費割引だけの場合は55,162円、2980円キャンペーンの場合は33,580円になるので、21,582円安いということになります。

ソニー製品プレゼントキャンペーン」は、1月は「Playstation4」か「XPERIA Z3 Tablet Compact」でしたが、2月は「Playstation4」か「ウォークマン+ヘッドホンかイヤホンのセット」に変わりました。
Playstation4は、搭載HDDが500GBのUH-1200AB01(ブラック)かCUH-1200AB02(ホワイト)。
ウォークマンは、メモリ16GBのNW-A25で、ステレオヘッドホン h.ear on (MDR-100A)か密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in(MDR-EX750AP)となります。
PS4もウォークマンも購入すると3万円以上する商品なので、購入する予定なら「1年間 月額2980円キャンペーン」よりもお得です。
「ソニー製品プレゼントキャンペーン」のクーポンは開通後にメールで届くようです。

ONU


屋内工事で設置されたONUは「ZXHN F660A 2015-11-27製」でした。

現在、ONUは2種類あるようです。
ZXHN F660」と「EchoLife HG8045」。この二つ、メーカーが違い設定項目も違いますが、設置する向きが違います!
ZXHN F660」は一般的なルーターを大きくした形状。幅が薄くて奥行きが長い。
HG8045」は側面を正面にした形状で、横幅が広くて奥行きが薄い。ただ、奥行きはケーブルを差し込むのでその分のスペースが必要です。

さらに、「ZXHN F660A」と「EchoLife HG8045Q」はWiFiのIEEE802.11ac対応。
ZXHN F660T」と「EchoLife HG8045DHG8045J」はIEEE802.11acに非対応。
11ac対応のスマフォなどでは、11aよりも11acの方が接続が高速で安定します。11ac対応の場合は11ac接続、非対応の場合は11aでの接続になります。
2015年9月以降の申し込みの場合は11ac対応のONUへの交換が無料です。NURO光の契約が古い場合は有償での交換になるようです。
11ac非対応の古いONUが設置されてしまい、11acを使いたい場合はサポートセンターへ連絡を。

詳しくはNURO公式サイトの「ご提供する機器に関して」をご確認ください。

どちらも使えるLANポートは3つで、4つめは光電話のTA専用となっています。
既存のルーターで4ポート使っている場合はルーターをブリッジモードのハブ機器として使うことでLANポート数は確保できます。
その場合、ONUとルーターのLANポートを1つ使って接続するので、使えるLANポート数は2ポート+3ポートになります。
ハブとして使えるルーターがない場合はルーター機能の無い低価格のスイッチングハブを購入して増設します。

NURO光でんわ


NUROの光電話はソフトバンク系列の電話サービスです。ソフトバンクのスマホを契約している場合に安くなることがあります。

光電話で電話番号を継続して使いたい場合はNTTに回線情報が存在する必要があります。そのため、NTTから他に移す場合は「休止」として手続きすることでNTTの回線契約情報は無くなりません。
NTTを介さない光でんわの電話番号や、NTTの電話を休止ではなく解約してしまった場合は電話番号を引き継げないので注意が必要です。


人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック