チャット表示と音声出力を同時に行いたい場合は、棒読みちゃんのクリップボード監視を有効にします。

Bouyomi
チャット表示と併用するとチャットを見ていない人にも音声で伝わり、聞き取れなかったなど音声で伝わらなかった場合でも文字で伝わるというメリットがあります。

クリップボード監視はクリップボードにコピーされた文章が読み上げられます。
BouyomiCopy

クリップボード監視のアイコンが表示されない場合、メニューの「その他」の「クリップボード監視」を有効にします。
BouyomiClip

例えば、ゲームでチャットを入力して音声でも出力したい場合、
チャットを入力する
→CTRL+Aで入力した文字を選択
→CTRL+Cで選択した文字をクリップボードにコピー
→Enterでチャットを送信
という手順になります。

これをマクロキーを備えたキーボードに登録して、チャットでEnterキーを押す代わりにマクロキーを押すことで、音声+チャット表示が同時に行うことができます。

画像はLogicool ゲーミングキーボード G710+です。
KeyMacroLogicool001
KeyMacroLogicool002

【関連】:棒読みちゃんをマイク代わりに使う
【関連】:【製品レビュー】G710+ Logicool ゲーミングキーボードを買ってみた

棒読みちゃんTips



読み上げでループが止まらない!
棒読みちゃんの辞書登録による置き換えのタイミングで読み上げる行数がどんどん追加されてしまうことがあります。
記号を含んだ文字列は登録したら確認しましょう。
クリップボードによる読み上げではバグによりループしてしまうことがあります。
ループしてしまうときは停止ボタンを押して止める必要があります。
BouyomiStop


連携したアプリで読み上げされなくなった!
連携したアプリでは、棒読みちゃんでの辞書で置き換えした後に連携したアプリに変換された文章が渡されて読み上げされますが、連携に問題が生じるとそれ以降の読み上げが止まってしまうことがあります。アプリを一度終了して再起動すると直ります。
直らない場合は棒読みちゃんを再起動させます。
過去にコピーされた、いま入力していない文章の一部が読み上げに追加されてしまう場合もアプリの再起動で直ります。

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック