調子の悪いUSBポートを交換して配線を整理したら、USBのキーボードとマウスがBIOSの起動時には認識されず、Windowsが起動すると正常に使えるという現象が発生しました。

【関連】:AC電源の10Port USB2.0 HUBを買ってみた
調子の悪いUSBハブはUSB2.0 7Port HUBが壊れたので、余っていた4Port HUBを使っていました。それも、USB機器の接続がたまに切れてしまうようになったので、10Port HUBに交換しました。

原因と解決

USB配線は、マザーボードがASUSTeKのSABERTOOTH Z77なので、IOパネルにUSB2.0が4Port。それでは足りないので、内蔵のUSB2.0コネクタを2つ使い、ブラケット接続で4Port増やしています。

USBポートが標準搭載のIOパネルと増設したブラケットの2つのグループに分かれています。

キーボードとマウスはIOパネル側に、USB HUBはブラケット側に接続しました。結果的にこの組み合わせが駄目だったことが判明しました。

10PortのUSB HUBもキーボードと同じIOパネル側に接続を変更したらBIOS起動時から認識されるようになりました。

まとめ

USB機器の認識がおかしくなったら、接続するUSBポートのグループを変えてみよう!

【PR】Amazon:内蔵USBコネクタを活用してUSBポートを増やすブラケット
【PR】Amazon:長さが足りないときに USB延長ケーブル
【PR】Amazon:内蔵SATAコネクタを外付用のeSATAに変換するブラケット
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック