サンワダイレクト限定商品の 400-HUB021 10ポート USB2.0ハブを買ってみました。

hub021-001

10ポートのUSBハブは、サンワサプライ、バッファロー、エレコムの細長いのが一般的ですが、それとは作りが全く異なります。

細長いUSBハブは5ポートも10ポートも不具合が起こりやすいので私は避けています。

400-HUB021は最大合計2500mA、各ポートは最大500mAの出力に対応。USB HDDなどUSBからの大容量電源を必要とする機器をたくさん繋げるのでなければ十分余裕のある電力量です。

【PR】サンワダイレクト:USBハブ(10ポート・USB2.0・セルフパワー)icon

10Portは裏側に4ポート、内2つは上向きにできます。前側は6Port。

hub021-002
hub021-003
hub021-004

PCとの接続は取り外し可能なmini USB-Bコネクタ。1mのUSBケーブルが付属していますが、2.5mケーブルに取り替えて使っています。

【PR】サンワダイレクト:ミニUSBケーブルicon

ACアダプタは薄型ですが、コンセントの向きによっては反対に幅をとることになります。ACアダプタが直接コンセントに挿せない場合は、短い延長ケーブルを使えば問題ないです。

【PR】サンワダイレクト:電源延長コード(2Pスイングプラグ・0.1m) TAP-B16icon

400-HUB021 USB2.0 HUB 10Porは、ACアダプタを接続すると上のラインが常に青く光ります。

1Portごとの接続確認ランプはないです。USBの不調が分かるのであると便利なんですけどね。今は低価格が進んでいるので高級モデル以外にはないようです。

現在のUSB2.0ハブは低価格が進みすぎて不安定になりやすい、壊れやすいというのが問題です。そんな今でもサンワダイレクトでは高安定の1チップによる7Portハブ USB-HUB232NBKが販売されています。

【PR】サンワダイレクト:高安定7ポートUSB2.0ハブ(1チップIC・ブラック)

ただ、価格は低価格モデルの2〜3倍というお値段!USB機器でのトラブルをなるべく起こしたくない人や企業向きです。一般的には安いのを不調になったら取り替えるで。

この10Port HUBにキーボードとマウスを接続して、Windowsの起動前、BIOS画面でも操作ができるか試しました。HUBに繋げると操作できなくなる場合があるのでその確認です。結果は、ASUSTeK SABERTOOTH Z77 BIOS2104 との組み合わせでは大丈夫でした。

素早く操作するゲームをする場合は、HUBでは遅延が生じる可能性があるのでキーボードとマウスはPC直への接続ををおすすめします。

【PR】サンワダイレクト:USB延長ケーブルicon

400-HUB021を接続するPC側のUSBポートによっては、PCに直接繋げたUSBキーボードがBIOS起動時に認識されないという問題が発生しました。400-HUB021の接続するUSBポートを変えたら解決できました。このUSBハブにキーボードを接続した場合は問題ありませんでした。

【関連】:BIOS起動時にキーボードが認識されなくなった
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック