BUFFALOのWZR-600DHP2はWPS対応の他社の親機にも中継機として使える無線LANルーターです。

WZR600DHP2-001

中継機として親ルーターから離れた部屋に設置することで、電波が不安定で遅かったり途切れやすかったのが、安定して使えるようになります。

NECのAterm WR8700Nを親機として、BUFFALOのWZR-600DHP2を中継機として設定してみました。
WZR600DHP2-002

【PR】Amazon:WZR-600DHP2
【PR】BUFFALO Direct:無線LAN 親機

WZR-600DHP2/WZR-900DHPは、ファームウェアが初期のモデルは中継機能がないため、ルーターとしてPCと接続してファームウェアのアップデートが必要です。
先日購入したWZR-600DHP2は、最新のファームウェアが搭載されており、中継として使うためのマニュアルも付属しているので簡単でした。

中継機能として使うのならWZR-600DHP2がバランス良いと思います。
WZR-600DHP3が新発売となりました。仕様上はWZR-600DHP2と同じです。定価が値上がりしているため、円安による価格改訂版と思われます。

WZR-900DHPはアンテナが3x3となり、トリプルチャネル(3バンド)による450Mbps通信に対応しています。
端末が対応していないと意味ないです。あくまでも3つの電波を同時に使うことで速度アップするもので、デュアルチャネルよりも電波が強くなるわけではないです。
WZR-900DHP2が新発売となりました。こちらもWZR-600DHP3と同様に価格改訂版のようです。

WZR-600DHP2 中継モードの設定


中継機として使うにはルーターの動作モードを中継モードに設定する必要があります。

WZR-600DHP2にスタンドを取り付けてWR8700Nの近くに置き、電源を入れる。
 スタンドは向きが決まっています。丸い出っ張りと四角い出っ張りを合わせないと入らないので注意。SSIDなどのラベルが見えるように取り付けます。

WZR600DHP2-004

WZR-600DHP2のランプが 緑/緑/消灯/オレンジ に変わるのを待つ。

WZR600DHP2-005

3分ぐらい時間を置く。
 上手くいかない人が多いようですが、ここがポイントです。
 ランプが点灯したばかりでは、モード変更がまだ無視されてしまうので、焦らずに時間を置きます。

背面の一番上にある MODE ボタンを、1秒間に1回の速度で3回押します。
 早すぎるとダメです。遅すぎると変更が終わる前にモードが設定されてしまいます。
 モード変更は、
  ルーター AUTO → ルーターモード → ブリッジモード → 中継モード → ルーター AUTO ・・・
 の順に切り替わります。
 中継モードはPOWER ランプが オレンジ色に変わるのがポイントです。他は緑色ですので、オレンジ色に変わったときが中継モードです。
 1秒以上ボタンを押すのを止めると、そのモードで設定がされます。別のモードで設定された場合は、設定が完全に変わってから、再び MODEボタン で変更ができます。

WZR600DHP2-003

1分ほどでランプの状態が オレンジ(点灯) / オレンジ(点滅) / 消灯 / 消灯 になります。

赤いAOSSボタン(ランプの上にある赤くて細長いボタン)を2番目のランプが緑色の点滅になるまで(約1秒間の長押し)押します。

親機のWPSボタンを長押しします。WR8700Nの場合は らくらくスタートボタン を、点灯してるPOWERランプが点滅に変わるまで長押しします。

WPS機能により自動で設定されます。WZR-600DHP2のランプが オレンジ(点灯) / 緑(点灯) / 消灯 /消灯 に変われば完了です。

WZR600DHP2-006

WZR-600DHP2 中継機能の特徴


WZR-600DHP211n/a11n/g/bが同時に使えるタイプですが、親機との接続は片方のみになります。

親機のSSIDを引き継ぎますが、親機と中継機が5GHz(11a)で接続されるか2.4GHz(11g)で接続されるかで、中継機は5GHzも2.4GHzも同じSSIDになってしまうことに注意が必要です。

親機との接続に合わせたSSIDと動作チャンネルが引き継がれて同じになりますが、異なる電波帯のチャンネルは親機とは異なって設定される場合があります。

NEC Aterm WR8700Nの場合、2.4GHzはWARPSTAR-*****-G、5GHzはWARPSTAR-*****-Aとなります。

中継機が5GHzで接続されている場合は、端末から中継機への接続は2.4GHzもSSIDが WARPSTAR-*****-A になります。
これはつまり、端末の設定が WARPSTAR-*****-G の場合は、中継機ではなく親機に接続されることになります。

端末が5GHzと2.4GHzに対応している場合、中継機がどちらの電波も同じSSIDになるため、端末の電波帯が2.4GHzで接続されるか5GHzで接続されるかは自動になります。

WR8700Nから離れた部屋でのWiFi情報(11a優先)

WR8700N-001
AndroidのWifi Analyzerというアプリです。
5GHzの36chに接続されて-81dBmというスマフォのWiFiアンテナが2本という悪い状態です。

WR8700N-002
親機の近くから離れるほど電波が悪くなるのがグラフで見れます。
赤と水色が5GHz(WPA2とWEP)、青と緑色が2.4GHz(WPA2とWEP)です。
5GHzは減衰が大きいのが特徴です。
下に固まっているのは別の家の電波です。

WR8700N-003
5GHzのチャネルの混線情報です。-Aと-AWが重なっているのは同じ電波で暗号化の異なる通信に対応しているためです。
WR-8700Nの36chのみが受信できています。

WR8700N-004
2.4GHzのチャネルの混線情報です。
別の家からの電波が多数届いています。

WRZ-600DHP2を中継したWiFi情報

WRZ-600DHP2-001
親機と5GHzで接続されて、5GHzのSSIDとCHが引き継がれています。
スマフォは同じ設定のまま中継に繋がり、-46dBmでWiFiのアンテナが4本の状態です。

WRZ-600DHP2-002
グラフがごちゃごちゃとしてしまいましたが、黄色がWR8700Nの5GHz、赤色がWZR-600DHP2の5GHzです。青色もSSIDが同じですがそちらは2.4GHzです。

親ルーターから離れることで黄色が急激に下がりますが、反対に赤が急上昇しています。
5GHzが低下しすぎて不安定な通信も、中継機に繋げることで安定して通信が出来るわけです。SSIDが同じなので、一度WiFiをオフにして再びオンにすることで電波がよい方で接続されます。

WRZ-600DHP2-003
5GHzの電波が同じchで3つ重なっています。

WRZ-600DHP2-004
2.4GHzの電波です。中継機のSSIDは5GHzと同じになっています。親機を引き継いでいない2.4GHzは親機のchとは異なるchが使われています。

WRZ-600DHP2 中継機能の設定


中継機モードでPCとLAN接続することで、中継機能の設定を変更することができます。ルーターのアドレスが192.168.11.100のため、PCのネットワーク設定をそれに合わせる必要があります。

ネットワークアダプタの設定のプロパティでTCP/IPv4のプロパティを手動で設定します。
IPアドレス:192.168.11.1 など
サブネットマスク:標準設定(255.255.255.0)
デフォルト ゲートウェイ:192.168.11.100
WRZ-600DHP2-009

中継機能は初期設定では11a(5GHz)が優先されていますが、11g(2.4GHz)を優先に変更することができます。

11a優先の場合は5GHzの電波チャンネルが親機から引き継がれ、2.4GHzは中継機が独自に設定されます。

11g優先の場合は2.4GHzが親機から引き継がれて、5GHzは中継機がが独自に設定されます。

リピーター機能をオフにすると、親機から引き継がないで子機のように別の設定で使うことができます。

中継機能を11g優先に設定した場合

WRZ-600DHP2-008
WRZ-600DHP2-010

WRZ-600DHP2-005
WRZ-600DHP2の中継機能を11g(2.4GHz)優先にした場合です。
親機の2.4GHzのSSIDとchを引き継いでいますが、中継機のSSIDが5GHzも同じであるため、スマートフォンが5GHzで接続されました。

WRZ-600DHP2-006
11g優先にした場合は、2.4GHzが同じchに3つ重なっています。
黄色は他人の電波です。

WRZ-600DHP2-007
5GHzでは、親機と中継機で別々のchが使われています。

別の家の電波が届きやすい場合は、11a優先(5GHzを親機と合わせる)で2.4GHzが親機と中継機で別々のchが使われて混雑してしまうよりも、11g優先(2.4GHzを親機に合わせる)で、2.4GHzが同じchにまとまる方が良いのではないでしょうか。

WiFi電波の確認にはinSSIDerが人気ですが、筆者はWiFi Analyzerが使いやすいです。
広告は設定で非表示に出来ますが、一週間で表示に自動で戻ってしまいます。何度でも広告を非表示に変更できます。

【PR】Amazon:WZR-600DHP2
【PR】BUFFALO Direct:無線LAN 親機
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック