Windows8.1はタブレットはiPadやAndroidタブレットにより近くなり、デスクトップはWindows7に近くなりました。

デスクトップで使う場合もタブレットで使う場合も、中途半端さが解消されて使いやすくなりました。

Win8-20131018142738
Win8-2013101814156

Windows8を実行しているPC
Windows8.1登場
を開き、
無料の更新プログラムを入手する」からダウンロードとインストールを進めることができます。

インストール設定で「Microsoftアカウント」の入力が求められますが、Windows8をローカルアカウントで実行している場合は、「Microsoftアカウント」を新規に取得する画面に進み、入力せずに元のアカウントを使うを選択することで、ローカルアカウントのままWindows8.1を使うことができます。

Windows8.1をデスクトップ設定で使いやすくする方法


タスクバー(デスクトップ画面の下にある横に長いバー)を右クリックして「プロパティ」を開き、「ナビゲーション」を表示します。

Win8-20131018144302

起動したときにスタート画面ではなくデスクトップを表示したい場合は「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」を有効にします。

スタート画面を表示したときにアプリ一覧を表示したい場合は「スタート画面への移動時にアプリ ビューを自動的に表示する」を有効にします。

Win8-20131018142825

これはWindows7でスタートメニューから「すべてのプログラム」を表示した場合に似ています。違いは縦にフォルダ分けで階層表示するのではなく、Windows8.1(8も同じ)では画面全体に展開されて一覧表示されます。

スタート画面の背景をデスクトップと同じにしたい場合は、「スタート画面にデスクトップの背景を表示する」を有効にします。

Win8-20131018142841

キーボードで開きたい場合
[Windowsキー]+[C]チャームを開くことができます。
[Windowsキー]だけの場合はスタート画面が開きます。
[Windowsキー]+[X]でスタートボタンのメニューが開きます。
デスクトップ上で[ALT]+[F4]でシャットダウンや再起動などの終了メニューが開きます。
これを覚えておくと操作が楽になります。

ブラウザがInternet Explorer11になりますが、IE10で問題なくIE11で問題がある場合は、
ブラウザでF12キーを押して、左下の黒帯を下にスクロールさせて「エミュレーション」の「ドキュメントモード」を規定から「10」に変更するとIE10互換として正常に表示される可能性があります。

Windows8.1へのアップグレードでMicrosoftアカウントを使わない方法


Mcrosoft アカウントへのサインインが表示されますが、Mcrosoft アカウントのメールアドレスとパスワードを入力せずに、「新しいアカウントを作る」に進みます。

Mcrosoft アカウントの新規作成をせずに、「既に持っているアカウントを使い続ける」に進みます。

これで、現在のローカルアカウントを継続することができます。

ローカル アカウントとは、Windows7までと同じで、そのWindowsだけでのユーザーアカウント方式です。
ユーザーのシステムフォルダは最初に作成したアカウント名が使われます。

Microsoft アカウントとは、スマートフォンなどと同じアカウント方式です。
Microsoftやオンラインの各種サービスと紐付いたアカウントになります。
ユーザーのシステムフォルダはMicrosoft アカウントで設定されている名前が使われます。


【PR】Amazon:Windows8.1 関連本
【PR】Amazon:Windows8.1 インストールディスク

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック