夜のお祭りの撮影は手持ちでフラッシュなし(内蔵フラッシュでは距離が届かないため暗くなる)は一眼レフでもなかなか難しい場面です。

最新のスマートフォンでどこまで撮れるのか?
ブレもノイズも仕方ないので、ある程度写れば良いと割り切る必要があります。

2013/07/21(日) 17:05
送信した写真がブログ側で縮小されていたため、登録し直しました。
3840x2160の大きさが正しい元データになります。
動きのない夜景の場合は、この夜のお祭り風景よりも撮影しやすくなります。

そんな中、SHL22では予想外に写ってくれました。
もちろん、ブレが酷い失敗写真が多かったですが、カメラができるだけぶれないように気をつければ、お祭りの明るさでもなんとか行けます。

SHL22の写りは、古いコンパクトデジカメを遙かに超えていました。

クリックで元画像が表示されます。
16:9の4K2K(3840x2160)でファイルサイズは約2MBあります。
等倍はモニターで表示するのではなく印刷してご判断ください。
4K2Kは大画面モニターでの表示用のサイズになります。
フルハイビジョンでは1920x1080に縮小されます。

手ぶれ補正ON、ホワイトバランス自動。
シャッター速度とISO感度は自動です。
フラッシュ(ライト)は非発光。

DSC_0007
1/44s F1.9 ISO80 夜景モード

DSC_0039
1/25s F1.9 ISO160 夜景モード

DSC_0073
1/100s F1.9 ISO125 夜景モード

DSC_0107
1/11s F1.9 ISO800 夜景モード

DSC_0129
1/11s F1.9 ISO800 夜景モード
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック