スクウェア・エニックスのスパムメールがかなり目立つほど増えているのですが、手口がどんどん巧妙化しています。

最新のスパムメールでは、テキストメール+HTMLメールで、テキストメールのURLは正しい物が使われています。

つまり、テキストメールのURLが正しいからとHTMLメールのリンクをクリックすると偽のサイト、詐欺サイトに飛ばされるワケです。
メールのソースを見てみると、テキストメールはそのままなので、

お客様
株式会社营团社サービスシステムをご利用いただき、ありがとうございます。
システムはお客様のアカウントが異常にログインされたことを感知しました。
下記のログイン時間を照らし合せてご本人様によるログインであるかどうかご確認お願いします。
ログイン地点 ログインIP ログイン時間
大阪 61.204.255.255 2013-07-01 02:06
ご本人によるログインでなければ、アカウントの安全に問題があると考えられます。
以下のURLをクリックし、画面の案内にそってパスワードの再設定を行ってアカウントを保護してください。
https://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login?cont=account
(上記URLをクリックしてもページが開かないときはURLをコピーし、ご利用のウェブブラウザーのアドレス入力欄に貼り付けてお試しください)
もし、ご本人によるログインでしたら、お手数ですが本メールの破棄をお願いいたします。
ご意見やご要望
スクウェア・エニックス会社
2013年07月07日


HTMLメールのリンク先は、表示するのは単なる文字列でしかなく、内部のソースは
<P><A href="http://www.square-enixx.cc/account/app/svc/Login.html?cont=account">https://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login?cont=account</A></P>

となっています。

テキストメールとHTMLの表面上は
https://secure.square-enix.com/
となっているのに、
HTMLの内部リンクは
http://www.square-enixx.cc/
となっているわけです。
『square-enixx.cc』の部分は様々なパターンが使われています。

インターネットセキュリティーソフトが有効な場合でも、偽のサイトが怪しいサイトとして登録されるまでにタイムラグがあります。
出回り始めたばかりの新しいURLの場合は警告が表示されないので注意が必要です。


偽のサイトにアカウントとパスワードを入力してしまうと
セキュリティトークンを使っていない場合は、そのアカウントと情報を使って、スクエニにアクセスして、個人情報が盗まれます。
ゲーム情報を盗み、所有アイテム等をRMTなどで闇取引されてしまうことがあります。

セキュリティートークンを使っている場合でも、
別のオンラインサービスに、盗んだアカウント情報が使えるかを試します。
同じIDとパスワードを使用している他のサービスでも個人情報が不正に利用される恐れがあります。

被害を最小限に防ぐために
セキュリティートークンなど、IDとパスワード以外のセキュリティーの登録が可能な場合は登録する。
パスワードはすべてのサービスで異なる文字列を使用する。

IDは他人とのやり取りにも使われる名前のようなものなのでIDに気を使うのは無意味です。IDが無意味な英数字の羅列になっていると、業者や出会い系など不正な人物だと思われてしまうので反対に注意。

複雑なパスワードの管理には、パスワード管理と自動入力ソフトを使うのが安心で楽です。

私はIDとパスワードの管理に『RoboForm』を使っています。URLが実際と異なる偽のサイトでは自動入力が機能しないので偽のサイトだと気づきやすくなります。

ロボフォーム・エブリウェアは年間ライセンスですが、スマフォでもPCで管理しているログイン情報等を同期して使えるので便利です。
スマフォの場合はブラウザでのアドインではないのでIDとパスワードをコピーして貼り付けるというメンドサがあります。
Android端末でFirefoxとDolphin用のAdd-Onが公開されていました。これでPCブラウザと同じように楽にログインすることが可能です。

ライセンス形態は1年更新のエブリウェア(複数のPCやスマフォで使える)の他に、デスクトップ(PC1台にインストール)、ロボフォーム2Go(USBメモリにインストールして、複数PCで使える)があります。

RoboForm公式サイト
でのパスワード管理機能の方に登録してしまえば、パスワードを変更した時に更新するぐらいなので気にならなくなります。

ライセンス形態は1年更新のエブリウェア(複数のPCやスマフォで使える)の他に、デスクトップ(PC1台にインストール)、ロボフォーム2Go(USBメモリにインストールして、複数PCで使える)があります。

RoboForm公式サイト
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック