シムシティを起動するにはOriginのアカウントの作成とOriginゲームの管理ソフトのダウンロードとインストールが必要です。

OrignゲームはOrignのアカウントに紐付けられるので、ゲームをダウンロードしてインストールすれば、別のPCからも起動することができます。

複数PCからの同時ログインはできませんが、別のPCのログインを強制ログアウトしてからのログインは可能です。

シムシティを起動したら、左下に「サーバーを選択する」でサーバーを選びます。

SimCity2013-new001
日本人はアジア/アジア2に多いですが世界中にサーバーが散らばっているのではなく、サーバーの場所はすべて同じのようです。

ゲームに加わる で、他の誰かが作った地域に入ることができますが、現在はサーバーの問題により機能していません。フレンドに招待して貰うか自分で作成する必要があります。

ゲームを作成するで自分の地域を作成します。
マップにより、地域全体の資源量や作成できる都市の数が異なります。

SimCity2013-new002

地域に名前を付けます。日本語入力は「ALT+漢字」キーです。漢字キー単独では日本語になりません。これはゲームでよくある一般的な仕様です。

マルチプレイパブリック地域は本来は ゲームに加わるに公開される地域ですが、今(2013/03/31)は機能していないため、プライベート地域と同じです。

プライベート地域はフレンドを招待しなければ自分専用の地域です。その地域の複数の都市を自分で発展させることができます。

サンドボックスモードは災害が自然発生せず、自由に都市を形作らせることができますが、実績、チャレンジ、ランキングに参加できない制限があります。

SimCity2013-new003

シムシティを普通に楽しみたいのならば、パグブリック地域でサンドボックスはoffで始めましょう。

都市はどのマップでも四角く同じ広さになっています。
都市間に無駄な空白があり、ちょっと不自然です。

都市間は基本は高速道路で結ばれています。
白い線が高速道路で黄色い線が線路です。

空いている都市を選択すると、列車と船の設置が可能か、埋蔵されている資源の量が確認できます。

資源の埋もれている位置と水や風は確認できません。
都市を設立してから、その都市の実情に合わせてプレイすることになります。

SimCity2013-new004


ゲームPCのシムシティ推奨モデルはブラウザ版シムシティと間違えないように注意。
シムシティとPC性能

【PR】ドスパラ:シムシティ 推奨モデル
【PR】フェイス:シムシティ 推奨パソコン
【PR】マウスコンピューター:ゲームパソコンブランド「G-Tune」


【関連】GeForceの選び方
【関連】ゲーム用PCの選びかた
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック