メインPCを新しいシステムに入れ替え完了。

地デジチューナーもPCI-E接続のGV-MVP/VSとUSB接続のGV-MVP/HZ2Wから、PCI-E接続のGV-MVP/XS2Wを2枚に交換。

PSO2プレオープンとAIONは快適。
GV-MVP/XS2Wと旧チューナーは共存不可でした。

USBチューナーは再起動するとコネクタを抜き差ししないとチューナーが未接続状態になることがあったので、PCI-Eの方が安心。

録画モードは7.8Mbpsで3倍録画のHR3で、スポーツ系以外は十分な感じです。

番組毎に録画モードを変える場合は直接録画するチューナーを選択する必要があり、おまかせ録画では指定できないのが不満。


PSO2のプレオープンβは起動すると1分程度でOS含めて全体がフリーズしてピタッと固まりました。再現率100%。

原因はVirtu MVPが動作していなくても、ノースブリッジのGraphics設定の「Initiate iGPU」が有効になっていると駄目なようです。

体験版ではVirtu MVPをPSO2で有効にしなければ問題ないのですが。

AIONでは自室で放置しているときは、消費電力が60Wダウン。ティアマランタでの負荷時は同程度です。

変更前はCore2 Quad Q9650 OC 3.47GHz。
変更後はCore i7-3770K TB 45-44-41-41。

グラボはどちらもMSI HAWKのGeForce GTX560Ti。

動作のもたつきはマップ移動で突然負荷の高い場所に移動する場合でもほんの数秒で済みます。しかもほとんど気にならない程度です。変更前は移動後しばらくカクカクが続いていました。

ゲームガードの影響で、地デジは録画は問題なく可能ですが視聴や書き出しはできません。

【PR】ツクモ:PCパーツ
【PR】パソコン工房:PCパーツicon
【PR】Amazon:PCパーツ
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック