ASUS MultiCore Enhancementを有効にするとターボブーストのクロックが上がらなくなっていたので無効にしていましたが、正しい使い方が分かりました。

ASUS MultiCore Enhancementを有効にする場合は、Turbo Ratioを手動にする必要があります。
Turbo Ratioが自動の場合にターボブーストに悪影響が生じてしまいますが、Turbo Ratioを手動にしてコア動作倍率の制限をAUTOの場合に、ターボブーストのクロック向上の働きが高まり性能が向上します。

コア動作倍率の制限はAUTOではなく直接指定しても構いませんが、その場合はASUS MultiCore Enhancementの有効/無効の違いがほとんど影響しません。

ASUS-MultiCoreEnhancement

ASUS MultiCore Enhancementの設定に関係なくCPU標準設定のAUTOよりもそれ以上の倍率を指定する方が性能は高くなります。

TurboRatio

定格でDefault設定(最適な規定値、初期設定)を使う場合は、ASUS MultiCore Enhancementは有効でTurbo Ratioは手動になっているため、その状態で使うのが良いということです。Turbo Ratioを自動に手直ししてはいけないのです。

【PR】ツクモ:PCパーツ
【PR】パソコン工房:PCパーツicon
【PR】Amazon:PCパーツ
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック