BN75Sのバッテリー交換のランプが点灯してしまったので交換しました。

PowerAct Proでもバッテリ状態が劣化と表示されました。
一時的なものでは無いかと思い、念のため診断テスト実行してみても変わらず、交換を申し込むことになりました。

BN75Sbattery01

使用開始日:2009/05/12
バッテリー劣化:2011/09/01
交換保証申し込み:2011/09/01
バッテリー交換:2011/09/03

オムロンの対応は早くて良いですね。

BN50S/BN75S/BN100S ではバッテリーが3年保証タイプの長寿命バッテリー搭載。

20℃の環境下での使用では4〜5年、30℃の環境下での使用では2〜2.5年。

交換バッテリーはBNB75Sで標準価格は21,840円(税込み)。楽天では17,000円程度で販売されています。

BN75Sは最大680Wの出力で3.5分間の保護が可能。300Wでは12分間の保護が可能。

オムロン BN50S/BN75S/BN100S/BN150S の詳細
3年保証サービス:バッテリ無償提供サービスの詳細と申し込み

オムロン UPS BNシリーズの詳細と、BN75Sの画像付きバッテリー交換の手順。

私の環境ではPC本体の他に液晶地デジモニター等も含めて、通常の使用(ブラウザなどを実行中)では38%の出力で22分間の保護。
ブレーカー落ちや雷による数分間の停電程度ならばシャットダウン不要。

高画質ゲーム実行時には大幅に短くなりますが、安全に終了させることができます。

BNシリーズは正弦波のラインインタラクティブ方式で、電圧の異常では完全なバッテリー駆動に変わらずに電圧を補正してくれる(バッテリーの消耗や劣化が少ない)使いやすい方式です。

ゲームをしないのならばBN50S、消費電力が高い構成ではBN100Sがおすすめ。

BN50SとBN75Sは交換バッテリーは同じです。

BN100Sでは最大900Wで7.9分間。300Wでは32分間も保護できます。バッテリーはBNB300Sになり、標準価格は41,790円(税込み)と家庭で使うには維持費が高いです。

BN150S以上では20A以上の接続が必要で、一般家庭のコンセントは15Aのため簡単に設置することができません。

【PR】Amazon:オムロン 交換用バッテリーパック(BN75S/BN50S用) BNB75S
【PR】楽天市場:BNB75S 販売店一覧

【PR】Amazon:オムロン BNシリーズ
【PR】楽天市場:オムロン UPS BN 販売店一覧

交換手順は簡単で、電源を切って、コンセントを抜いて、2つのネジを外して、黒いカバーを外す。

BN75Sbattery02

バッテリーのケーブルを外す。赤と白を挟んでいる黒いコネクタは分解せずにつなぎ目を引っ張るだけです。

バッテリーを止めている板とネジを外す。

BN75Sbattery03

バッテリーを引き抜く。落とさないように注意。

BN75Sbattery04

反対の手順で、交換用のバッテリーを差し込んで、止めていく。

BN75Sbattery05

劣化したバッテリーは、送られてきた箱に入れ替えて返送します。返送料は自己負担です。

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック