拡張カード ASUSTeK U3S6 (SATA3.0 6Gbps対応) を使用した場合です。

2011/08/31 一部、比較に用いるデータを変更しました。

ICH9R接続やベンチマークの詳細は後ほどWebの桜PCにまとめます。

Intel 510 Series 120GB (SSDSC2MH120A2)
Crucial M4 256GB (CT256M4SSD2)
・Western Digital Caviar Black 1TB (WD1002FAEX)
・Western Digital Caviar Green 3.0TB (WD30EZRX)
の順に横に並べています。

※WD15EADSからWD30EZRXに変更しました。起動時間の測定はMBRに変換して測定しています。それ以外はGPTディスクで初期化しています。
MBRでは使用できる容量が2TB迄に制限されるのみで、性能への影響はありませんが、GPTディスクからの起動に対応したシステムで使う場合は起動時間がほんの少し変わるかもしれません。


Caviar Blackは性能重視のHDDです。
Caviar Greenは省電力重視のHDDです。

起動時間測定



BootRacerの「Time to Desktop」の秒数です。

22/22/49/59

ビジネスライセンス版はVer1.0でフリーのVer3.1とは結果が異なってしまいましたので、フリー版の結果を使っています。

高性能なSSDは高性能なHDDの2倍も速い!
これは基本的なドライバとアプリのみ入れたシンプルな構成です。
SSDにインストールした後、クローンディスクで測定したいディスクに複製して測定しています。

2TiBを超えるGPTディスクからの起動に対応していないため、MBRでの起動で測定しました。

シンプルなファイルの読み書き



Crystal Disk Mark 3.0.1を使用しています。
1000MBのランダムデータです。

一部のSSDでは0Fill(主に消去で使うデータ)に最適化されて、通常のデータでは遅くなるタイプがありますのでご注意ください。

Intel 510Crucial M4もランダムデータと0Fillともにほぼ同じ性能(測定の誤差の範囲)でした。

連続読込:377.7/351.6/138.9/128.9
連続書込:194.2/204.2/135.0/126.5
4k読込:20.91/21.40/0.742/0.530
4k書込:42.54/58.57/1.589/1.239
4k QD32 読込:87.96/162.7/1.930/1.604
4k QD32 書込:63.04/132.3/1.564/1.324

4k QD32はNCQを活用する読み書きです。小さなファイルを連続して読み書きできるように順番を最適に並べ替える機能で、有効に働くと連続読み書きの性能に近くなります。

接続がIDEモードではNCQが無効になるためランダム4kと同じになります。

NCQは同じアプリケーションで複数の小さなファイルを同時に読み込むような場合や保存する場合に発生します。

高性能なSSDではすべての性能がHDDを大きく上回っています。
高性能なSSDでも容量が少ないモデルでは、連続書込の性能が低くなります。
参考に、C300 64GBの連続書込性能はHDDよりも遅い70MB台でした。
書込性能もHDDより速く欲しい場合は、現在のところは120GB以上の容量を搭載するモデルが必要です。

Intel 510 Seriesについて



Crucial M4よりも価格が高いですが、純正のツールが付属します。

専用のツールを使うとTrim機能頼りよりも、素早く確実に性能の低下を改善させることができます。
0Fill Erase(消去)と異なり、データを消さずに本来の性能に回復させることができます。

この機能はIntel製の対応したSSDでのみ実行することができます。
ただし、U3S6に接続した場合は、このSSDを選択できないという問題がありました。
ICH9Rに接続した場合は正常でした。

総書込量を確認することができます。

【PR】ツクモ:IntelのSSD
【PR】Amazon:Intel SSD

Crucial M4について



性能が高くて価格が安い人気のモデルです。

NCQの効果が大きく、アプリケーションによっては他のSSDよりも高速に起動できます。

【PR】ツクモ:CrucialのSSD
【PR】Amazon:Crucial SSD

ASUSTeK U3S6について



SATA3が2ポートとUSB3が2ポート増設できる拡張カードです。

接続にはPCI-Express x4に対応したソケットが必要です。

2枚目のグラフィック用のx16ソケットに接続する場合、グラフィックボードの帯域がx8に制限されてしまう場合があるので注意。(高性能グラフィックボードでなければ性能に影響しません)

直接制御されるチップセットや拡張チップに比べて性能の上限が低いですが、拡張ボードの中では高速で安定動作する人気モデルです。

SATA3にはMarvell製のコントローラが使われていていますが、ASUSTeKが直接公開しているドライバは古いバージョンで更新が止まっておりTrim機能に対応していません。別途、最新のドライバを入手して適用する必要があります。

使用できるのは「Marvell MV-91xx シリーズ」用のドライバです。
・最新ドライバのダウンロードはこちら
 STATION Drivers - MARVELL
 
 【PR】Amazon:ASUSTeK U3S6


BootRacerについて



Windowsの起動時間を測定できるソフトです。
非商用の個人用途では無料、ビジネス用途では$19.95です。
支払いにはPayPalが使用できました。購入は円高の今がお買い得!

Paypalは為替レートが柔軟で、クレジットカードでの直接ドル建て購入よりも安くなります。
急激に円高が進む場合、タイミングによってはクレジットカードの方が安くなる可能性もありますが、適用される為替レートの時期の問題プラス手数料的な上積みがあるので高くなりやすいです。

直接の円支払いも選択できましたが、円高の時はドル支払いの方が大幅に安くなります。

その他のPayPalのメリットは、直接の支払いのクレジットカード等の情報をPayPalが管理し、小さな代理決済サイト等に決済情報を送信しなくて済むというセキュリティ上のメリットがあります。

窓の杜:Windowsのシステム起動にかかる時間を自動測定「BootRacer」

ダウンロードはこちら
BootRacer

購入はこちら
The BootRacer Business

PayPalについてはこちら
PayPal
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック