SST-CLEARCMOSSilverStone(シルバーrストーン)のCMOSクリアスイッチです。

RV03-21

対応しているPCケースにはスイッチを直接取り付け、対応していないPCケースでも拡張スロットのブラケットで、PCケースを開かなくてもCMOSクリアが行えるようになります。
RAVEN3 RV03にはファンスイッチのあるトップに取り付け場所が用意されています。

RV03に取り付けるには塞いである板を折り曲げて外します。SST-CLEARCMOSのネジを外してブラケットを取り外します。

SST-CLEARCMOSを取り付け位置の上に置いて、ケーブルを穴から下に出します。SST-CLEARCMOSとRV03をネジ止めします。

RV03-22


この時、ブラケットを止めてあったネジではRV03の穴が小さくてネジが入りませんでした。ホームセンターでネジ幅3mmでできるだけ長さが短いものを購入して取り付けました。

RV03-23

SST-CLEARCMOSの線をマザーボードのCMOSクリアのジャンパ位置に繋げます。CMOS1とCMOS2が繋がるとCMOSクリアされるようにします。

マザーボードのCMOSクリアのジャンパ線が2本の場合、CMOS1とCMOS2を繋げ、3本の場合はCMOS1とCMOS2でクリア、CMOS2とCMOS3で何も無し(ジャンパを保管するために挿しておくダミーの場所)になるように繋げます。

RV03-24


CMOSクリアを実行するときは、内部でジャンパを挿す代わりにSST-CLEARCMOSのスイッチをCLEARにすることで実行できます。

【PR】Amazon:SilverStone (CMOSクリアスイッチ) SST-CLEARCMOS
【PR】楽天市場:SST-CLEARCMOS
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック