USBのW地デジチューナーも触ると熱くなりますね。

USBデバイスとしてはWindowsに認識されるのに、チューナーとしては認識されず、録画も再生もできない状態でした。

対象製品はアイオーデータのGV-MVP/HZ2W。保証期間であったため無償修理でした。
修理に出したら基盤交換されて、修理前に録画していた番組が録画した時のチューナーが接続されていないため、再生も削除もできなくなりました。

日本の技術は著作権保護を理由にわざと使いにくくさせることに関しては世界一!

不条理な要求を実現しないとどこのメーカーであっても日本での製品化が許されていませんしね。使いやすさを訴求するのではなく、一部の業界保護のために使いにくくする日本。


番組の削除はエクスプローラで番組ごとのフォルダを直接削除すれば消えます。

複数のチューナーを使っていると、どの番組がどのチューナーで録画されたのかが分からないので、特定のチューナーで録画した番組だけをまとめて消したい時に不便です。

これはメーカーの対応で解決できる問題ですので、メーカーによってはもっと楽に消せるかもしれません。

私は、おまかせ録画機能と複数チューナーでの多チャンネル録画が便利なのでアイオーデータを使っています。

DVDへの書き出しの遅さと、番組の編集して書き出しの準備に長い時間がかかることがあるのが難点。

データに異常があると永遠と処理を続ける。どれだけ待っても終わらない。

著作権保護関連の処理に無駄に手間がかかっているので、こういうことはどこのメーカーでも同じかもしれません。

日本はバランスの取り方がとても下手です。一部の損を抑えるために全体で大損してしまうという。

アナログと違ってチューナーを介さないとデータを扱えないので、USBやPCI-E1.1の帯域の問題もありますね。

地デジは処理が無駄に複雑で、データの一部に問題が起こりやすく、簡単に再生不可や書き出し不可になってしまうのでストレス溜まります。

PCなら3番組以上の多チャンネル録画も低予算で簡単にできることがメリット。

安定性なら家電のブルーレイ・HDDレコーダーが一番です。壊れるとデーターが〜というのは一緒ですが。

【PR】Amazon:PC用 TVチューナー 一覧
【PR】PC周辺機器メーカーアイ・オー・データのダイレクトストア「ioPLAZA」
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック