CPUをCore2 Quad Q9650に変更してのFF14ベンチマーク。
CPU Core2 Quad Q6600+Radeon HD5870でのFF14ベンチマークの結果はこちら
CPU Core2 Quad Q6600+Radeon HD5750でのFF14ベンチマークの結果はこちら

VGA:Radeon HD5870 Lightning MSI
CPU:Core2 Quad Q9650
M/B:P35 P5K-E PCIE1.1

ファイナルファンタジーXIVオフィシャルベンチマーク

選択:ヒューラン(女)

CPU:3.0GHz
LOW :Score 4889 LoadTime 18034ms
HIGH:Score 3708 LoadTime 18171ms

CPU:4.0GHz OverClock
LOW :Score 5812 LoadTime 16034ms
HIGH:Score 3722 LoadTime 15982ms

CPUが変わったことでLOWの性能がクロックに応じて向上。しかし、HIGHは全く変わらず。
P35チップセットの限界か?

結論、システムが古い場合はシステムを新しくしないと性能向上が限界になってしまう。現時点ではCore i7に乗り換えないと性能が高いパーツを生かすことができない。

FF14のコレクターズエディションの完売が早すぎて予約できませんでした。追加販売来ないかなぁ。

【PR】ハイエンドゲームPCブランド「G-Tune」
【PR】ゲーム用パソコンならドスパラへ!Galleriaシリーズが大人気!
【PR】ツクモのeX.computerシリーズ
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック