発売されてみると3万円下回る価格で登場しましたね。

GeForce GTX480が 5万円台後半。
GeForce GTX470が 3万円台後半。
GeForce GTX465が 2万円台後半。

465なのに470同様に480から一部を無効にしただけの物です。
460だと売れないから最初から465にリネーム?
消費電力を気にしなければGTX470がお買い得。ただ、電力面で故障しやすい恐れが・・。
安心を重視するとGTX465。性能的には割高ですが。
Radeon HD5870は 4万円台。
Radeon HD5850は 3万円台。
Radeon HD5830は 1万円台後半から2万円台前半。
Radeon HD5770は 1万円台。

Window7でのドライバの安定性はRadeonが上。
GeForceは性能が発揮されないばかりかトラブルが起こりやすい。
そもそもGTX400のドライバはまだ不完全。

RadeonはCUDA、PhysX、3D Visionには非対応。
GeForce GTX400は上記機能+Direct X11の性能が高いが、それ以外は性能が低くてとても高い消費電力。しかも、電力はメーカー公称値よりも高いことがある。

まとめるとこんな感じ。
何を選ぶかは予算と使い道次第。

【PR】Amazon:GeForce GTX465
【PR】Amazon:GeForce GTX470
【PR】Amazon:eForce GTX480
【PR】ドスパラ:ビデオカード 一覧
【PR】ツクモ:ビデオカード 一覧
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック