ムービーグラバーは視聴制限のある動画を再生しながら録画するソフトです。

MovieGrabber001

直接URLを指定するほかに、MPX5でダウンロードしたファイルを追加することもできるのですが、その場合でも直接変換するのではなく再生しながらの録画です。
MovieGrabber002

MPX5のMPXレコーダーよりは使いやすい。

URLの追加でダウンロードせずに録画できるのはバイダイチャネルのみ?
DMMなどは無効なURLとなってしまう。
バンダイチャネルはWeb上で再生されるますが動画部分だけを録画してくれました。

>GyaO!、NHKオンデマンド、DMMやバンダイチャンネルなど視聴期限のあるネット動画を再生させるだけで永久視聴可能な動画ファイルにするソフト!!

とありますが、MPX5でのダウンロードが前提か?

キャプチャ録画ではないので、音ズレやコマ落ちは発生しないとのこと。

MPXレコーダーは単純なキャプチャなので録画失敗することもありますが、ムービーグラバーではファイル変換に近いことをしているらしい。

それならば表示しながら録画する必要もないのでは?と思うのですが、『※著作権保護を解除する性質のソフトウェアではありません。』これが原因なら仕方ないですね。

ストリーミング最強パック6では、MPX6 (Ultimate Edition)とムービーグラバーがセットになっています。MPX6はまだ発売されていませんのでアップデートまでMPX5が使用可能です。

MPX5のUltimate Editionは保存するのが難しいRTMPやRTMPEプロトコルのストリーミングも保存可能でニコ生やパンドラTVやライブチャットなどの保存にも使えます。また、分割アップロードされた動画を1つに繋げたり、DVDに焼くことも可能な、究極の動画ダウンロードソフトです。

ただ、著作権保護された動画の視聴制限は有効なので、それにはMPXレコーダーやムービーレコーダーで録画する必要があります。

ムービーグラバーは『DRMを解除することなく』、再生中の生データをそのまま保存します。動画ファイルのダウンロードではなく再生しながらの録画のようなものです。

録画した動画も、自分で視聴するだけの使い方にしてください。

ネットでのアップロードなど権利者を不利益にする行為があると厳しい制限がもっと増えてしまいます。自分で購入した動画が見たいときに見れなくなるなど不便です。

最新のMPX8ムービーグラバー4は、Windows8(32・64bit)/7(32・64bit)/Vista(32・64bit)/XPに対応しています。

動画サイトの仕組みが変わるなどすると、ソフトが対応できなくなることがあります。場合によっては諦めも肝心です。有料でアップデートに力を入れている分、他のソフトよりも簡単で便利ですが完璧なソフトというわけでもありません。
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック