スタートメニューから『コンピューター』(エクスプローラー)を開きます。
ALTキーを押してメニューバーを表示します。

EXPLORER01

『ツール』の中の『フォルダーオプション』を開きます。

『表示』タブの詳細設定を変更します。

EXPLORER02

登録されている拡張子は表示しない
 .txt/.jpg/.bat など関連づけられている拡張子が表示されなくなります。
 拡張子を表示したい場合はチェックを外します。

常にメニューを表示する
 ALTキーを押さなくてもメニューバーが常に表示されるようになります。

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する
 隠し属性が付いているファイルなどもエクスプローラーに表示されるようになります。

保護されたオペレーティング システムを表示しない(推奨)
 システムファイルが表示されません。
 削除したりするとWindowsの動作に悪影響があるため、必要なときのみ解除して、作業が終わればすぐに元に戻すことをおすすめします。
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック