私が安さ重視で選んだドスパラのBTO PCが起動できなくなったと連絡があったので視てきた。

自分でBTO選ぶとしたらツクモになると思いますが、それはまあどうでもいいですね。ツクモはちょっと高めなので、ドスパラ選ぶ人の方が多い。どこにしても価格なりなんですけどね。安さにはわけがある。


原因は長い期間(2ヶ月)PCの電源を入れなかったことによりBIOSが初期化されたようです。ブート情報を設定し直したら問題なかった。

頻繁に初期化されるようなら電池切れかもしれない。BIOS設定は丸電池で記録されており、電池を抜くとCMOSクリアと同じことになります。


アイオーデータモニターなのですが、私が使ってるナナオのL665よりも遙かに使用時間は少ないと思われるのに色がおかしくなっていました。実使用時間は記録されないモデルのため不明。まあ、購入価格(現在の価格帯とは大きく異なる)が10倍違いますけどね。

ナナオのL66529,084時間になりましたが、まだまだいける!
液晶パネル左右上角の黒ずみはあれから広がってきていないので使用には影響がない。
長年ナナオ使っていると安モニターを使う気にはなれない。
購入時の画質云々よりも、長く使っているときの安定感が違う。

とはいえ、ナナオでもたまにハズレ品(主にサムスンの液晶パネルの不具合ですが、音声の接続が左右逆になっていたというナナオ側の事例もあり)が発売されるので、購入前に評判の確認は必要。液晶パネル側の問題はパネルメーカーが問題を認めないとどうすることもできない。(企業間の力関係の問題がある。いわゆる大人の事情)
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック