Windows 7は新しいHDDに新規インストールすると、先頭にブート用のパーティションが作られます。

これまでは最初にインストールしたOSのパーティションに別のOSの起動情報が追加される形でしたが、アクティブなパーティションが純粋な起動専用情報になったことで、トラブルが起きにくくなっています。通常はアクセスできないパーティションであるため、セキュリティー上も不正に改変されにくく安心です。

Windows Vista以降とWindows XPでは起動情報の扱いが大きく異なるため、後からWindows XPをインストールする場合は注意が必要です。Vistaと7ではブートローダー(ブートマネージャー)で管理されますが、XPはNTLDR(boot.ini)で管理されています。

XPを後からインストールするとXPはブートローダーを扱えないため、NTLDR(boot.ini)で起動するように書き換えられてしまいます。すると、Windows Vistaや7の起動情報はNTLDRではないため、起動できなくなってしまいます。これはXPはブートローダーが使われる前のOSであり、ブートローダーのことを知らないためです。

そこで、XPとWindows7(Vista)を選択して起動できる様にするには、起動手順をブートマネージャーに切り替えて、ブートマネージャーにXPのブートローダーを作成する必要があります。

bcdedit101

OSのインストール


Windows7を新規にインストール



 先頭にブート用パーティションが作られる。起動情報は独立して管理されるので安心です。プライマリパーティションが足りなくなる場合、XPをプライマリではなく拡張パーティションにインストールすることも可能です。
 既存のパーティーションにインストールした場合は作られませんが、その場合は最初にインストールしたOSの起動情報(C:ドライブ)に追加されます。その場合、システムのトラブルにより
 

Windows XPをインストール


 起動手順がWindows7のBOOTMGRからWindows XPのNTLDRに代わってしまうので、Windows XPのみが起動するようになり、Windows7が起動できなくなる。


Win7の起動情報を回復



Windows 7のインストールDVDをドライブを使い、コマンドプロンプトを起動。

[DVDドライブレター]:\boot\Bootsect.exe /NT60 All』と入力。
 DVDドライブレターはDやEなど環境により異なる。
 コマンドがうまく行かない場合は、Windows 7のDVDのメニューからスタートアップの修復を実行してWindows7が起動可能な状態にする。
 ここでは起動手順をNTLDRからBOOTMGRに戻して、Windows7が起動できるようになれば良い。
 Windows7が起動可能になり、XPが起動不可能になる。


XPのブートローダーを作成



コマンドプロンプトで、
c:\Windows\System32\bcdedit -create {ntldr} -d "Windows XP"』と入力。"Windows XP Professional"でも"Windows XP SP3"でも名称は好きに変更可能。この名称が起動メニューに追加される。

【エントリ {ntldr} は正常に作成されました。】と表示される。

c:\Windows\System32\bcdedit -set {ntldr} device partition=[ntldrのドライブレター]:』と入力。
 ntldrのドライブレターはDVDからの起動でコマンドを入力している場合は『c』、Windows7を起動している場合はコンピューターの管理でブート用パーティションにドライブレターを割り当ててそれを指定する。

【この操作を正しく終了しました。】と表示される。

c:\Windows\System32\bcdedit -set {ntldr} path \ntldr』と入力する。

【この操作を正しく終了しました。】と表示される。

c:\Windows\System32\bcdedit -displayorder {ntldr} -addlast』と入力する。

【この操作を正しく終了しました。】と表示される。

一連のコマンドで、NTLDRの起動情報をBOOTMGRに追加することで、Windows 7の起動メニューにWindows XPが追加される。

再起動するとOS選択メニューにXPが追加されている。


英語のBoot Managerを日本語のブートマネージャーに戻す



ブートマネージャーが英語表記となり、一部文字化けしてしまい分かりにくいのでコマンドで、
bcdedit /deletevalue {bootmgr} path』と入力。

path \bootmgrが消えることで日本語表記に戻る。


ブートマネージャーの設定を変更する



表示される順番を変更したり、より細かく設定したい場合はEasyBCDを使うと楽。
EasyBCDのダウンロード
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック