2013/04/02 追記
このページ人気があるので最新の状況で追記します。

Windows7 SP1 64bitでシムシティ4デラックス!

以前はCore2 Quadでしたが、今回はCore i7-3770Kに変わりました。
オーバクロックで4.5GHzにしていますので、大マップでもサクサクです。

simcity4deluxe001

起動用設定


2013/04/23 修正

修正パッチ『 シムシティ4 ラッシュアワー/デラックス 用のアップデートパッチ1(EP1 Update 1) 』をインストールします。
http://www.japan.ea.com/simcity4/patch.html

ショートカットアイコンにパラメータを追加します。
例:『 -w -intro:off -AutoZoomChange:off -CustomResolution:enabled -r1680x1050x32 -d:software

パラメーターの意味は、
-w ウインドウモード (-r または 指定無し だとフルスクリーンモード)
-intro:off 起動時のイントロ再生がオフになる
-AutoZoomChange:off 災害時の自動ズーム機能がオフになる
-CustomResolution:enabled -r(横の解像度)x(縦の解像度)x32
 -CustomResolution:enabled 4:3モニターの基本解像度以外を指定するために必要です。
 解像度を直接指定しています。
 例:-r1680x1050x32 (1680x1050の32bitフルカラー表示)
 モニターの解像度に合わせて最大に指定すると、タスクバーに重なったり、ウインドウ枠がはみ出てしまうので小さめに指定します。
-d:software レンダリングをソフトウェア(CPU)処理
 現在のビデオカードには対応していないため、グラフィック処理をビデオカードではなくCPUで行います。
 そのため、CPUの動作クロックが高くないと重くなります。

エクスプローラでショートカットを作る場合は
リンク先が
"<インストール先>\Apps\SimCity 4.exe -w -intro:off -AutoZoomChange:off -CustomResolution:enabled -r1680x1050x32 -d:software"
となります。

シムシティ4はデュアルコアCPUが登場する前の古いゲームです。
そのため、シムシティ4の動作はCPUコアを1つに固定させないと異常終了してしまいます。

筆者はマルチコアCPUを最適な動作ができるようにProcessLassoという有料のソフトを使用しています。
SimCity4.exeのCPUスレッドを1つに固定、CPU優先度を「高」に設定。

simcity4pl001
simcity4pl002
simcity4pl003

ここでは他のCPU処理と重ならないように一番後ろの物理コア6番(使用しているCore i7-3770Kは0から7番の8スレッド)をシムシティ4に割り当てています。

【PR】ベクターダウンロード:ProcessLasso5
【PR】Amazon:EA BEST HITS シムシティ4 デラックス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

古い記事



Windows7 64bitでも問題なく動作するものなのですね。

シムシティ4は意外にはまる質の高いゲームです。
変に改良しなくて良いので、マルチコアCPUの活用と最新のグラフィックスでリニューアルしてくれないかなぁ。

シムシティ4は本来シングルスレッドのゲームです。Windows7で実行すると自動的に動作コアが分割されていますが、性能はほとんど1コア分しか出ません。

クロックを下げても上げても約25%。Quad Coreなので1個のコア性能に相当。マルチコアに対応していればクロックを上げればその分使用率は低くなるはず。常に1コアの上限いっぱいを使っている形です。

一応、処理は複数コアに分散されているので、他のプログラムによる影響はほとんど受けない。

しかし、4コア使用していると突然落ちることがあったので、2コアに制限してみたら落ちなくなった。Core 2 Quadではキャッシュが2コアずつ分割されていて共通キャッシュが無いのが原因なのかも知れない。

私はProcess Lassoでコアを制限させてます。プロセスラッソを使うと一時的なCPUコアと優先度の変更(次回の起動は元の設定に戻る)の他、常時使う時の設定変更(いつもその設定で動作する)もできます。

私は使用しているのは本家の英語版です。言語設定に日本語が他の会社にとられてしまったのが痛い。日本語版は32bitと64bitが別売りになっています。さすが日本。

セール中で本家は$5.95、日本語版は2,856円。
priorities(CPUの優先度)とCPU affinities(CPUの動作コア)の設定だけなら無料のFree版で使えます。詳細は本家

【PR】bitsum technnlogies:Process Lasso
【PR】ベクターダウンロード:ProcessLasso5
 

ビデオカードはRadeon HD5750ですが、車も人も問題なく流れています。HD2600XTでは以前試したときにハードウェア処理だとかなりカクつきましたが、HD5750では問題なく表示されています。

インストール後、パッチの適用をお忘れ無く。
シムシティ4のアップデートパッチ

【PR】Amazon:EA BEST HITS シムシティ4 デラックス
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック