HDDやSSDへの書き込みが高速になるというアイオーデータのマッハドライブが新登場。

まず、通常の書き込みですが、
メモリ→ ファイルごとに→ HDD(SSD)
となります。

マッハドライブを使うと
メモリ→ メモリ(キャッシュにまとめておく)→まとめて HDD(SSD)
となります。

これはメモリ上にキャッシュとして溜めておくことでHDDやSSDに書き込み時にはファイルごとのバラバラなランダムライトではなく、連続して書き込むシーケンシャルライトとなります。

小さなファイルをその都度書き込むよりも、まとめて一緒に書き込む方が高速!という原理です。

ただし、書き込むドライブの空き容量の断片化が激しいと、書き込むときに一度に書き込みが行えずに結局分散されてしまい効果は小さくなってしまいます。

また、ファイルを保存したように見えても実際はまだHDDやSSDには書き込まれていない(実際の書き込みは後でまとめて行われる)ことになるので、突然の電源断やフリーズには注意が必要です。保存したはずのファイルが実際には保存されていなくて消えてしまうことになります。

注意:
誤解しやすいと思うので追記。

メモリに保存した状態で書き込み完了に見えるため、ベンチマークテストでは実際にHDDやSSDに書き込まれるのではなく、HDDやSSDに書き込む前準備のキャッシュに記録された時点の速度となります。

アイオーデータの公式の比較グラフでもかなり高い数値になっていますが、物理的にHDDやSSDの速度を超えることはあり得ません。

【PR】ベクターダウンロード:マッハドライブ
【PR】ioPLAZA:ディスクアクセス高速化ソフトウェア「マッハドライブ」
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック