Canon MP810の次はエプソンのタッチパネル搭載EP-902Aに決めました。

EP-902Aの不満点

・自動両面ユニットが外付けのため奥行きをとる。(エプソンは電源コネクターがはみ出すのであまり変わらない?)
 Canonは内蔵なので設置の奥行きの心配がいらない。

・トレイを手で引き出さないと用紙が落ちてしまう。
 Canonはトレイがパカッと開いてそこに用紙が乗っかる。

・操作部付近とメモリスロットにホコリの心配。
 上位モデルにはメモリスロットのカバーは必須だと思うのですが。
 Canonの箱形の方がデザインが批判されていますが手入れはやりやすい。

 

EP-902Aの良いところ

・タッチパネルなので親がコピー機として使う場合に操作が分かり易い。

・ADF搭載なので、蓋を開いて用紙をセットするよりも楽。

・無駄なインク消費を抑える設計に変わった。
 MP990はインク容量が少なくなり、無駄なインク消費もMP810よりも悪化。

・目詰まりがしにくくなった。
 Canonに乗り換えた理由は以前のエプソンは目詰まりとそのクリーニングによるインク消費が激しくて嫌になった。

・新クリスピアSCKRで黒の締まりが良くなった。

・印刷で余った写真用紙をセットしたままにできる。前面2段トレイなので楽。
 設置が高い位置のため、背面での用紙セットがやりにくく、ホコリ防止のため余った用紙は袋に戻す必要がある。

・CDトレイが本体に内蔵されているので使いたいときにすぐに使える。

 

購入店はJoshin web
本体価格39,800円でゴールドステージの割引が-9,000円とクーポンで-500円。5年保証で+1540円。
自動両面ユニット EPADU1が2,900円。
L版写真用紙 100枚 KL100SCKRが1,490円でクーポンが-200円でした。

一般には、NTT-X Storeが安い!
EP-902Aが税込みで2009/11/20現在、29,400円!送料無料。延長保証はありません。
自動両面ユニット EPADU1も税込み2,600円!
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック