Radeon HD5800はGPUがデュアルコアですが、それのシングルコアモデルのようです。

HD5770はHD5870の半分、HD5750はHD5850の半分の性能となっています。

HD5870→HD5770
CP 2.72→1.36 TeraFLOPS
CoreClock 850→850 MHz
SP 1600→800
Memory 1GB @4.8Gbps GDDR5→1GB @4.8Gbps GDDR5
Power Idle 27W/Max 188W→Idle 18W/Max 108W
Price $400→$159
性能半分で価格は半値より安い!
アイドルの消費電力が相当低いですね。
HD5770の性能はHD4870と同等以上のようです。
HD5870がHD4870X2と同等以上なのでその半分ですね。
HD4850と比較すると、性能(1.0→1.36 TeraFLOPS)アップで消費電力(30W/110W→18W/108W)が低下!

HD4850はリファレンスクーラーが薄型であったため爆熱による問題がありましたが、HD5770はHD5850と同じタイプで短くなっています。

価格は$400以下のHD5870が日本では5万円で販売されているので、$159のHD5770は2.3万円程度でしょうか。HD4890と同価格でHD4890/HD4870が消えていく形ですね。

 

HD5750はHD4850と同等以上で、1.0TeraFOLOPS→1.008TeraFLOPSと30W/110W→16W/86Wとなっています。Maxが75Wを超えているのでPCI-E6ピンの電源接続が必要ですね。価格は$129以下となっています。

HD5750も2スロット使用ですが、カバーがカード全体を覆わないで大きめのファン搭載となっています。

価格はHD4850の1GBが1.6万円以下なのでHD5750もそれぐらいになりそうですね。



【詳細】techPowerUP:Radeon HD 5700 Series Specs Surface
【詳細】techPowerUP:AMD HD 5800 Series Leak Collection
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック