アイオーデータの地デジ対応キャプチャ(TVチューナー)のWindows7対応表によると、現行モデルはWindows7の32bitと64bitに対応。
サポートソフト Ver3.10以降にて対応(9/30公開)
※グラフィックドライバを最新の状態にしてご利用下さい

・GV-MVP/HZ2W(USB 地デジダブルチューナー)
・GV-MVP/HZ2(USB 地デジチューナー)
・GV-MVP/VS(PCI-E BS/CS/地デジ チューナー)
・GV-MVP/HS2(PCI-E 地デジチューナー)
・GV-MVP/HX2(PCI 地デジチューナー)

旧モデルは32bitのみに対応。
※後日バージョンアップにて対応予定

・GV-MVP/HZ(USB 地デジチューナー)
・GV-MVP/HS(PCI-E 地デジチューナー)
・GV-MVP/HX(PCI 地デジチューナー)
アナログチューナーはさすがに開発終了しているようです。

筆者の環境では現在、GV-MVP/VSとGV-MVP/HZ2Wの同時接続で問題なく動作中。トラブル解決方法などは過去の記事参照。そろそろアナログチューナーは取り外しても良さそうですね。

Windows Vista HomePremium SP2 32bit。
CPU Core2 Quad Q6600、メモリ4GB、グラフィックRadeon HD4850。
mAgicマネージャーの設定は、番組表は12時00分に自動更新、バックグランドEPG更新をオフ。

バックグランド更新をオンにしているとCPUの性能と負荷によっては番組表の更新が止まったままになってしまうことがあります。通常は1日1回の定期更新で十分。更新後に自動スタンバイ移行に対応しています。

スリープ(スタンバイや休止状態)からの復帰録画や録画後の移行で失敗する場合は、手動でのスリープで問題が生じないかご確認ください。別の接続している機器や起動しているアプリケーションなどが原因になっていることがあります。

 

GV-MVP/VS(PCI-E接続 地デジ/BS・CSデジタル 1チューナー)
同社製 他のチューナーと同時使用対応。
【PR】ioPLAZA:GV-MVP/VSicon
【PR】Amazon:I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャボード PCI Expressモデル GV-MVP/VS

GV-MVP/HZ2W(USB接続 地デジダブルチューナー)
2つ購入すれば4チャンネル同時録画も可能。
【PR】アイオープラザ:GV-MVP/HZ2W
【PR】Amazon:I-O DATA 地上デジタル対応TVキャプチャBOX USB Wチューナー GV-MVP/HZ2W
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック