有料ですがとても便利なストリーミング動画・音楽保存ソフトを発見。

ストリーミング保存ソフトではソースネクストの「驚速ストリーミングレコーダー 2」を所有していますが、これはほとんど正しく録画することはできませんでした。

理由は画面の一部のスナップショットを撮影してそれを動画に組み立てている録画方式だからです。

その方式では、録画は視聴しながら行う必要があり、録画中にウインドーを移動させたり操作を行うと正しく録画できません。録画しながらパラパラマンガのようにして動画を組み立てるのでエラーも起きやすい。再生しながら録画するアナログ方式なので当然画質も元のままよりも劣化します。

 

MPX5では、通信データから保存するので普通にダウンロードして再生する感覚に近くなります。

GyaoやYahoo動画、YouTubeやニコニコ動画、DMM.comやNHKオンデマンドも簡単保存。P2P TV ストリーミング、DRM、ライブ放送に対応しています。RTMPプロトコルやSAMSTREAMにも対応で、新しいタイプの動画配信でも保存できるようになりました。

MPX5では対応OSにWindows7も加わったのでこれからも安心して使えます。Windows Vista/XP/7/2000/NT4/Me/98SEに対応。
フリーソフトでごにょごにょするより安全で簡単です。フリーソフトは最新の動画に対応できるソフトを探すのも大変で、探してもウイルス混入とか慎重が必要です。

もちろん、自分で楽しむだけにしてくださいね。購入したオンライン動画の視聴期限を気にせずに観れるのはとても便利。混雑していてストリーミング動画が途切れ途切れになってまともに観れない!ということも、保存してから観れば高画質でスムースな再生が可能です。

サービスの購入者や利用者が観るために保存するのは合法ですが、ファイル交換サービスやネットに公開するなどすると犯罪行為ですのでやらないように。

サービス提供者等に迷惑がかかることをしていると、日本ではすべてが違法で取り締まる!保存すらできなくする!となるので気をつけましょう。

地デジなんかがそうですね。おかげで普通に録画してみるだけでもトラブルが起こりやすくて大変。暗号化のためにどれだが多くの処理が追加されていることか。HDCP非対応の古いモニターでは表示すらできないし。規制厳しすぎて自分が観るための環境を整えるのが大変。

 

<誤解があるといけないので追記>
MPX5はDRM保護のあるストリーミングの保存に対応していますが、DRM解除ができるわけではありません。それができてしまうと販売挿し止めものです。

自分でiPodやPSPに転送して見たい場合は、MPXレコーダー(MPX5 Extreme Editionに付属)を使い、アナログ的な手法で再生しながら録画を行い変換することで可能です。PCの性能が低いとうまく録画保存することができない場合があります。

8000サイトからの検索と保存ができる番組ガイド付属。

MPX5 Extreme Editionでは、CMカットや結合や動画形式の変換などができるMPXレコーダー機能付き。

RTMP保存・無線LAN・VPN対応・MPXレコーダーはExtreme Editionと最強パックの専用機能とのことなので、買うならMPX5 Extreme Editionですね。今(2009/08/29)なら6980円で販売中。

ストリーミング最強パック5では、MPXレコーダーに加えて、最強音楽保存ソフトとりメロ2 Extreme Editionとのセット商品になります。価格は今なら9800円

とりメロ2は主にインターネットラジオから曲を保存するためのソフト。世界の音楽が好きならとても楽しめる。

世界のDVDが観れるリージョンフリーDVD再生には、Unreal DVD2。MPX5 Extreme Editionととりメロ2 Extreme Editionの限定セット価格は12,800円

発売記念特価はお買い得です。
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック