Foris FX2431TVを購入して、Flexscan L665とのデュアルモニターにしました。

最初、ATIのCCCでデュアルモニターを有効にするとFX2431TVが1280x1024の解像度になってしまい、1920x1200を指定すると何も映らなくなってしまいました。

再起動して再設定を行うと、FX2431TVが1920x1200のL665が1280x1024で正常になりました。

DVIケーブルを接続するときもPCの電源を切って接続するべきですね。

保護フィルターが今のノングレアは如何に半光沢!って感じです。L665が光をじわーっと周りに拡散するのに対し、FP-2400W(24.1型用の現行フィルター)は弱く反射させます。

L665ではフィルターありとなしであまり変わりませんが、FX2431TVでは反射防止を加工を施した液晶TVのような感じです。ただ、色をおかしくさせるようなフィルターではないのでパソコンでも安心です。光沢面を使うと反射物の色まで分かります。

FX2431TVはギラギラはないです。ブライトネス50のエコビュー標準で普通に観れます。保護フィルター使うとつぶつぶ感も皆無ですね。フィルター取り付け前もぎらつぶは気にならなかったです。ちなみに、裸眼での確認です。度付き眼鏡をしている人だとレンズの影響があったりするのでしょうか。度なしのbuiレンズだと裸眼と変わらずに目の疲れの蓄積が変わる程度ですが。

色温度6500Kで比較すると、L665色が濃く、FX2431TVは薄く見えます。L665は古いから少しずれてるかもしてれませんね。赤みが強い気がする。FX2431TVの色温度を5500Kにすると、L665の6500Kに全体が近づきますが、L665の赤っぽさが残ります。L665には独立した色の調整機能は付いていません。

Webやブログの写真程度ならば気にするほどのものではありませんけどね。ソフトウェアキャリブレーションを使うとどうなるかな。純正のEasyPIXには対応していませんが、Spyder3はモニター関係なく使えそう。Spyder3Eliteの機能はEasyPIXよりも上の感じ。値段が高いです。
Datacolor社のモニタキャリブレータ

FORIS FX2431の体験レポートはこちら

Foris FX2431TVの購入感想はこちら
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック