MSI P45 PlatinumにCore2 Quad Q6600(VID 1.2625V,Max 1.35V)を使ったオーバークロック。

P45 Platinumでは1.35Vでも356x9 3.2GHzが動作しませんでした。負荷をかけるとすぐにフリーズ。

電源をAntec SG850に交換したので、CPU横の補助電源は4ピンではなく8ピンで接続しました。8ピンでも関係なさそうです。

1.265Vでの333x9 3.0GHzは今のところ問題なく動作。

予想通り電圧を上げたオーバークロックは苦手なようですね。AUTOでは1.3Vまで上げられてしまいますが、1.265V固定の3.0GHzはこれまで通り使えそうです。

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック