ブログネタ
PCパーツ情報 に参加中!
Sofmap.comで19,800円でした。
P5K-Eから交換したところよく固まります。

Windows Vistaのインストール途中に固まってしまったことで、SP1のインストールがエラーでできず、再インストールを行いました。

しばらく問題なく使えていましたが、その後一度フリーズしてからかなり調子が悪くなり、Memtest86+でメモリを検査してみたところ、エラーは表示されずに途中で固まります。

マザーボード上のLEDの点灯は異常なし。

メモリはWindowsのインストール前にエラーなく完走していることを確認済み。P5K-Eでもエラーはありませんでした。

メモリスロットを変えたり、BIOSをアップデートしたり、いろいろやってみて異常が起きやすい状態を発見。

メモリスロットの1番と3番を使うと高い確率で不具合が発生。BIOSでメモリの設定を手動で行っても発生。起動しないで再起動のループに陥ることもありました。

メモリ1本でもフリーズすることがありますが、調子がよいと数時間問題なく動きます。


あれこれ検証していると、遂にLEDがメモリエラーを表し起動しなくなりました。

そこで、初期不良としてソフマップのクリニックに持って行くことにしました。

1時間の検査で異常がありませんでした。検査方法を尋ねたところ、ソフマップオリジナルの512MBをシングルで検査。

「・・・・・・・・」

Hynixでのデュアルチャネルで検査してもらったところ、すぐに異常が現れてメモリスロットが壊れていると言うことになりました。

私の検証ではCorsairとTransendのメモリで異常が起きていました。どちらもDDR2-1066で1枚2GBと1枚1GB。DDR2-800の動作でも異常あり。

まさか、メモリ周りの異常で、小容量メモリのシングルで検査するとは思わなかった。P45 Platinumでその使い方はないわ。

交換するのに在庫がないと言うことなので、ひとまずP5K-Eに戻しました。別の店舗に在庫があればそこから送るそうです。ドットコムでもP45 Platinumは取り寄せになっていますね。

4日間地道に検証して無駄に休日を過ごしました。

ある程度は不具合箇所をハッキリさせておかないと異常なしで返されてしまうことがあるので注意。

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック