ブログネタ
PCパーツ情報 に参加中!
ASUSTeKとSAPPHIREのオリジナル仕様 Radeon HD4850の販売が開始されました。

ASUSTeKからはVRAM 1GB搭載でコアクロック625 MHz、メモリークロック 1986MHzのEAH4850/HTDI/1G
詳細はASUSTeK Computer(英文)

SAPPHIREからはVRAM 512MB搭載でコアクロック675 MHz、メモリークロック 2120MHzのRadeon HD 4850 512MB GDDR3 PCIE TOXIC
詳細はSAPPHIRE日本語公式サイト

フルハイビジョン以上やデュアルモニターで楽しむなら、ビデオメモリの多いASUSTeKを、性能はSAPPHIREの方が高くなります。
価格はどちらも3万円以上と高いので、お盆休みの店舗セールやネットショップでは9月に入ってからがお買い得となりそうです。人気商品で入荷数も少ないので、セールどころか、しばらくは手に入れるの難しいかも知れません。

私はSAPPHIREの方を検証用に欲しいですね。リファレンスモデルで23000円程度なので、27000円が適正価格でしょうか。

お盆休みで入荷がしばらく途切れてしまうと思うので、欲しい方はまだ高いですが今のうちに買うのが良さそうです。

※リファレンスとは
  NVIDIAやATIといったチップメーカーの設計通りに作ったもの。リファレンス設計ではどこのメーカーの物でも付属品や装飾などを別にするとほとんど同じ物になっています。

販売店情報

Radeon HD 4850 一覧[ツクモ]icon
Radeon HD 4850 一覧[Sofmap.com]
PCI-E ビデオカード 一覧[ドスパラ]
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック