ブログネタ
周辺機器 に参加中!
残念なお知らせです。

人気のBOSEボーズ)コンパクトスピーカーのMicroMusicMonitorマイクロミュージックモニター)通称M3の生産が終了したそうです。

コンパクトクラス最高のスピーカーですが、廉価版のM2が発売されてからは、そちらに人気が移ってしまいました。

M3は日本限定版でM2は世界共通となっています。

M3は在庫が無くなり次第、販売終了となります。



M3は元々ダイレクト販売で、店頭はBOSE関連ショップのみで取り扱われています。
主な違い

M3は49980円。M2は39480円
M3の方が若干音が良い。(音が日本用に調整されている。担当者も違う。)
M3は電池駆動可能で、持ち運びで使える。その場合の最大出力は2Wx2。
M2のスピーカー接続ケーブルはLに直付けされており、端子は弱くなっている。M3はしっかりと着脱できるタイプ。
リモコンのデザインが違う。(機能は同じ)
M2はシルバー色のみで、黒がない。

共通の注意点

入力端子がステレオミニジャック1系統となっている。RCAピンタイプの場合は変換ケーブルが必要。

マイクロミュージックモニター
M2 コンピューターミュージックモニター

なぜ、BOSEのPC用スピーカーってステレオミニジャックのみなんでしょうね。このタイプは抜けやすくて不便です。

M3/M2の音は、1万円程度の大きなアクティブスピーカーより遙かにすばらしいです。この大きさで実現しているのはすばらしいですね。音のこもりが無くクリアで聴きやすいです。

反対に、大きさが大きくても構わないのなら、ONKYO 100HDやDP1の方が安くて、入力系統も豊富です。別途サブウーファーも接続できるので、低音の強化もできます。

24型フルハイビジョンモニターと組み合わせる場合、大きさがかなり辛いものがあります。モニターの横ではなく前に置けるM3/M2の人気の理由はこれが大きいです。

BOSEを選ぶ理由は第一にデザインですね。M3/M2/Companion3 IIはコンパクトでデザインが良く、小さな音量でも音がよい。その反面、価格が高く、離れて大勢で聴くのには向かない。

Companion3 IIなら、離れて聴いても違和感はありません。コントロールポッドに複数系統の入力接続も可能です。

コンパニオン3 II

関連情報
ボーズ・オンラインストア
・ボーススピーカーM3セットモデルもあるEIZO 液晶モニター FlexScan HD2452W
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック