ブログネタ
ノートパソコン に参加中!
東芝 dynabook SS RX1/W9E

電話サポートをWebで予約すれば、サポートに繋がらなくてお手上げという状態を回避できます。

東芝ならではの大容量128GB SSDモデルがイチオシ。
HDDよりもアクセス速度がかなり高速で、消費電力もとても少ない。SSDは信頼性を気にすることが多いですが、東芝は高い技術のSSDメーカーでもあり、HDDでも運が悪ければすぐに壊れることも多いため、SSDだから心配というのは特にない。

無線LANにドラフト規格の11.nに対応しているのもポイント。これまでの11.a/b/gよりも途切れにくく高速な無線LAN環境を構築できます。(11.nでの動作には対応のルータが必要です。非対応でも、11.a/b/gとして使用できます)

ドラフト規格とは、正式に認可が降りる前の暫定的な仕様で、仕様変更が発生する場合はファームウェアのアップデート等で対応します。

丈夫さと水がしみ込みにくい防水シートを使ったキーボードなど、安心して使えるボディとなっています。

・詳しくは東芝dynabook SS RX1


Panasonic Let'sNOTE プレミアムエディション

盗難保障付きの3年間保証で安心。

水がしみ込まずに安全に外に抜けていくウォータースルーの防水キーボード。

他社よりも1ランク上の厳しい耐久試験をクリア。

強力なセキュリティーで大切なデータを保持。

安心を第一に考えて作られたノートPCです。

・詳しくはレッツノート 2008年夏モデルを選ぶ


3Dゲームが楽しめるノートPC

消費電力よりも、性能重視!

モバイルGeForceやRadeonのビデオカードを搭載して、デスクトップのようにゲームが楽しめるノートPCです。

・詳しくはゲーム対応 ノートPCの選び方

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック