ブログネタ
自作PC に参加中!
Intel純正からZALMAN CNPS9700NTに載せ替えました。

CNPS9700NTとCNPS9700LEDの違いは、コーティングとファン制御が異なります。NTではPWMによるパルス制御、LEDではファンコンによる電圧制御です。

GA-P35-DS4ではPWM対応なのでNTを選びました。電圧制御と違い、定回転での動作も安定します。

純正ではPrime95の5分間はCoreTempの表示でCore1が72℃でした。

CNPS9700NTの1回目の計測は純正よりも悪化しました!
Prime95の5分間でCore1が75℃に。
どうみても変なので、グリスかと思い外してみてる、グリスがスカスカに・・・

グリスを塗り直した2回目の計測では、噂通りのすばらしい結果となりました。Prime95の5分間で10℃以上も低い59℃です。ファンの回転数は自動制御の2191rpmでも強制高回転2777rpmでも温度は変わりませんでした。

ファンの音はサーと耳障りです。PCケースにP182SEの場合は、サイドパネルと閉めるとほとんど気にならなくなります。(上部の煙突は、上側に静かシートを被せているので静かです。上側のメッシュ部はいらないと思う。

グリスの失敗

CNPS9700NTでは、柔らかい特性のグリスなのですが、塗りやすいが塗り加減が分かりにくいです。

十分にグリスを振ってから、粘度のある部分をハケに付けて中央部をわずかに盛り上がらせるように塗ります。

普通に塗ると少なくなってしまうようで、多めに塗ってちょうど良さそうです。

気をつけるのは、CPUの外にはみ出さないこと!外の端子を濡らしてしまうと色々と不具合が起きることになるので、周辺は塗らずに、CPUクーラーを固定したときに広がるようにしておくのが良いでしょう。


■販売店:
iconiconiconicon
ツクモ CNPS9700icon
ツクモインターネットショップ

ZALMAN メーカー詳細
☆結果報告--------------------

GA-P35-DS4 Rev2.0
Intel Core2 Quad Q6600 省電力オフ
CoreTemp
Prime95

Intel純正 CPUクーラー 気温25.1℃

アイドル 2109rpm M/B-システム 38℃ / M/B-CPU 42℃
 CoreTemp 51℃ / 51℃ / 48℃ / 47℃

Prime95 5分間 1912rpm 39℃ / 68℃
 CoreTemp 72℃ / 71℃ / 68℃ / 68℃

停止1分後 1344rpm 40℃ / 48℃
 CoreTemp 55℃ / 54℃ / 50℃ / 49℃

ZALMAN CNPS9700NT 気温26.3℃

アイドル 1261rpm M/B-システム 38℃ / M/B-CPU 34℃
 CoreTemp 43℃ / 42℃ / 38℃ / 37℃

Prime95 5分間 2191rpm 37℃ / 54℃
 CoreTemp 59℃ / 59℃ / 54℃ / 55℃

停止1分後 1271rpm 38℃ / 36℃
 CoreTemp 44℃ / 44℃ / 39℃ / 38℃
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック