ブログネタ
自作PC に参加中!
価格がほとんど同じ、Core2 Quad Q6600とCore2 Duo E6850

どちらかに決められない場合は以下の特徴で決めてしまいましょう。

マザーボードがFSB-1333MHzに対応していない
→Q6600 はFSB-1066MHz(E6850はFSB-1333MHz)

消費電力が気になる
→E6850 はTDP65W(Q6600はTDP95WのG0または105WのB3旧型がある)

重い処理でマルチコアに対応したソフトを使う予定がない
→E6850 は1コアの性能が高い

長く使いたい
→Q6600 マルチコア対応のソフトはこれから増える

重い処理をしながら別の処理をしたい
→Q6600 は4つのコアで別々の処理ができる

CPUの交換前に必ず新しいCPUに対応したBIOSに更新しましょう。

BIOSが対応していない場合は正しく動作することができません。メーカーPCでは新しいCPUに対応するためのBIOSが提供されない場合があります。

ご購入は九十九電機で
CPU Intel Core2シリーズicon

秋の99円セールも応募受付中!(9/19 17:00迄)
ツクモインターネットショップ

人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック