ブログネタ
パソコンのセキュリティ大丈夫? に参加中!
情報漏洩のニュースでおなじみのファイル共有ソフトWinny[ウィニー]を悪用する通称キンタマウイルス[Antinny]の詳細が明らかに!

http://www.netagent.co.jp/antinny_kaiseki.html

Antinnyはウイルスに感染することで、ファイル交換・共有ソフトを悪用して、パソコンに保存されているデータを送信してしまいます。WinnyだけでなくShareでも同様の脅威が起こります。

これが原因で、会社や組織の個人情報や機密情報を流出させてしまう事件が相次ぎ大問題となっています。

しかし、報道の多くは「ウィニーが悪い」の一点張りで、本当の原因は隠されてしまっています。

ウイルスにはウィニーを使わなくても情報を流出させるものがあり、ウィニーを使わないだけでは同じ問題を再び引き起こすことになります。

大切なファイルは暗号化して保存し、例えファイルが流出してもその中身の情報は漏洩させないセキュリティー意識が一番大切です。

家に鍵をかけるだけでなく、大切な物は金庫に入れて鍵を閉めますよね。更に、その金庫は見つかりにくい場所に設置されます。パソコンのファイルも同じように、多重のセキュリティーで保護をする必要があります。

防犯対策、インターネットセキュリティ、暗号化、USBメモリに保存して金庫になど。

パソコンのメンテナンスや保護に有効なソフトウェア【桜パソコンライフ】
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック