ブログネタ
周辺機器 に参加中!
エプソン PM-930Cの使用に限界を感じたのでキヤノン PIXUS MP810を購入しました。MP810を選んだ理由と感想です。

カラー画像ならエプソンと思いエプソンを選んできましたが、最近の弱い作りとインク関係のトラブルの多さに疲れました。

キヤノンはブランドに奢っている感じがして好きではありませんが、エプソン、キヤノン、ヒューレットパッカードで悩んだ末、MP810に決めました。

PM-930C PIXUS MP810

写真は左がPM-930C、右がPIXUS MP810。
複合機のため、MP810は幅が一回り大きくなっています。
台から少しはみ出ていますが、すべての足が台の上に乗っているので問題はありません。

悩んだ機種
・EPSON PM-A920
・Caonon MP810/MP960
・HP C6175/C5175

PM-A920の特徴
 写真が綺麗、つよインク、自動補正が優秀

MP810の特徴
 普通紙文字がくっきり、自動両面印刷、4色インクで安い、印刷が速い

MP960の特徴
 普通紙文字がくっきり、自動両面印刷、写真画質に有利な6色

C6175/C5175の特徴
 インクを無駄にしない、インクトラブルが少ない、CD/DVDレーベル印刷が出来ない
まず消えたのが、HPのC6175とC5175レーベル印刷は必須です。

次に消えたのがPIXUS MP960。Mp810よりも1万円高く、インクも2色分約2千円ほど高くなりますが、画質の向上はあまり高くなく、印刷速度はMP810に劣ります。写真が質重視ならエプソンを選んだ方がよく、メリットは乏しいのでここで脱落。

PM-A920とMP810は価格的にはほとんど変わらない。インク代はインク数の少ないMP810の方が安い。インク詰まりもMP810が少ないと予想されます。

写真画質はPM-A920の方が良いですが、MP810も普通の人は十分なレベルに達しています。PM-A920はインク自体が強いため、普通紙やレーベル印刷でも色あせにくい。MP810はプロフォト用紙以外は耐久性が良くない。

使いやすさは断然MP810が圧勝。2005年機種では散々な操作系だったのが2006年ではエプソンよりも使いやすいメニュー操作に変更。ボタン数も少なくて分かりやすい。操作部がふた側に付いているため、はみ出す雑誌のスキャンでも操作しやすい、エプソンは下側なので隠れてしまう恐れあり。MP810は自動両面プリントが標準対応でPM-A920はオプションで対応。

デザインはMP810はボックス型ですっきりしていて、カバー不要で使えそう。PM-A920はカバーは必須な感じ。

結局のところ、エプソンの強いインクと写真画質を捨てて、使いやすいMP810に決まりました。

実際に使った感想は、作りが良いです。PM-930Cはかなり安っぽい作りでしたが、用紙ガイドなんかもがたつきや滑りがありません。排紙トレイも厚みがあり丈夫な感じです。背面給紙トレイもカバーのように折りたたまれているので、ホコリによるトラブルの心配も少ない。

音は結構静かです。最初の排紙トレイが開くときのガコンが気になりますが、それ以外はとてもおとなしくなり、静音モードもあります。最初のガコンは排紙トレイを印刷前に開けておいても発生するのが気になります。静音モードは時間で自動変更も設定できるのはすばらしいですね。

PM-930Cでは「ギー、ガタンガタン、ガーガー」だったのが、「ガコン、キュルルル、サー」という感じに変わりました。音のストレスはかなり改善しました。

写真画質は、EPSON写真用紙、スーパーフォトペーパー、プロフェッショナルフォトペーパーを試しました。PM-930CでEPSON写真用紙に印刷した同じ画像と比べると、第一印象はPM-930Cが鮮やかで綺麗です。しかし、実際の色合いはMP810の方が遙かに近いです。PM-930Cは美化しすぎというか、不自然な鮮やかさで、MP810は控えめの豊かな色合いに感じます。

このあたりは設定次第でいろいろ変わると思われます。用紙に合わせた標準の設定ではこのような感じです。プロフォトとスーパーフォトでは見え方はほとんど変わりません。プロフォトでないと耐久性が期待できないため、配布目的の写真印刷にはプロフォトでしょう。確認など長期保存不要の印刷には若干安いスーパーフォトですね。

普通紙のWeb印刷は、MP810に付属のEasy-WebPrintが優秀です。少し前に「ホームページ見たまま印刷Pro」を購入したのですが、知っていれば買う必要なかった!とガッカリするほど悪くないソフトです。プリンターに付属のソフトには全然期待していなかったので誤算でした(笑)

印刷速度はPM-930Cの半分の時間です。標準印刷では黒はクッキリなものの、カラーは薄めで画像部は難ありです。しかし、キレイで印刷すると問題なくなりました。これ以上は、普通紙ではなくもっと良い紙が必要になるので、普通紙が速くてキレイなのは便利です。音が静かなのも相まって、気軽に印刷できます。

PM-930C 標準設定の「速い」で48秒
MP810 標準設定の「標準」で25秒
MP810 静音の「標準」で35秒
MP810 標準の「キレイ」で55秒
MP810 静音の「キレイ」で60秒

普通紙では、文字だけなら「速い」モード、図なども印刷するなら「標準」、イラストや写真の印刷を重視するなら「キレイ」が最適となります。

とてもすばらしいのは小さな文字もクッキリ印刷されて十分読めることです。文字が小さくなる段組印刷も実用になります。

ネットで購入するなら九十九電機[ツクモ]。今ならMP810が送料無料の税込み価格「28,709円」。5年間延長保証は+1,575円で加入できます。商品に満足できない場合別の商品と差額で交換できる交換保証も+1,575円で加入できます。
Canon 最新プリンター特集icon
EPSON 最新プリンター特集icon
特価品の購入には無料の会員登録が必要です。特価品の購入と同時に加入することが出来ます。
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック