f6136228.jpg現在、PCケースWindy MT-1100Pro ブルーマイカメタリックに標準搭載の335W電源を使っています。
なぜ、この電源をいまだに使っているのかというと、前の電源(SNE製 400W)が壊れてしまったからです。
気づいたときには電源のファンがすべて回って無くて、ものすごい発熱でした。

さすがに今使っているのは古い電源なので、電圧不安定なのかドライブがフル稼働したりすると勝手に再起動かかります。
そこで、新しい電源に取り換えたい!
と思うのですが、問題はPCケースです。
このケースはWindy電源専用の設計になっていて、コネクタは右下に来なければ接続できません。
他の電源では、ケースを削ったりして加工する必要があります。
現在の電源の多くは、側面にファンがあるので、それを下向きにしないと風を送れません。
しかし、下向きにすると、コネクタが左になってしまい接続できません。

このケース、熱がこもりやすいのでケースごと取り換えようかと思います。
電源付ケースなら結構安いのですが、電源とケースを別に購入しようかと思っています。

そこで候補に上げているのが、

電源:グロウアップジャパンのGUPシリーズ。
ノイズを軽減するPCI-E VGA用の6ピン付で、日本製のコンデンサと山洋のファンを搭載した品質的に良さそうな電源です。
470Wで実売価格は17千円ぐらいなので高いですね。

電源:COOLER MASTERREAL POWER 450W
日経WinPC 11月号によると静音や効率など優秀らしい。
PCI-E VGA用6Pinコネクタが無いのが気になります。
450Wで14千円ぐらいです。

ケース:シグマ A・P・OシステムのCB007とCBA03。
CBA03は電源付です。
メッシュなので風通しが良く、メッシュはフィルターでホコリを通しにくいのが良いですね。
メッシュの範囲が広いので、ファンの所にホコリが集中して風通しが悪くなることも防げそうです。
気になるのは今のケースよりもやや小さいこと。
M/Bの取り付けがやりにくそうなこと。

CB006はバタフライ構造で、M/Bの取り付けやメンテナンスがしやすそうで良いのですが、デザインが嫌です!安っぽいケースに見えます。

COOLER MASTERのケースも良さそうなのですが、電源無しで25千円は高いですね。
今使っているケースが5万円以上したのでそれよりは安いですが・・

グロウアップ電源ならコネクタが当たる部分をまた削れば今のケースでも使えそうです。
夏になるとケース内の温度が45度になってしまうので、ケースごと変えるのが無難でしょうね。
これでもPCIバス付近の側カバーに穴空けてファンを追加したりしているのですが・・

背面ファンを高速にしてもうるさいだけでケース内の温度は変わらず。
前面ファンを高速にすると、HDDの熱が周り、逆に高温になってしまいます。
穴空けて追加したファンを高速にするとそれなりに冷えてくれますが、それだけでは足りないようです。

そんなに大きな熱源はないと思うんですけどね。
M/B:GA-7VRXP
CPU:AthlonXP 2200+
メモリ:DDR333 256MB ×2
HDD:ATA100 7200rpm 120GB ×2
ビデボ:RADEON 9200

そこで、背面が12cmファンでHDDとVGAと上面にもファンが追加できるシグマケースは魅力ですね。
低速ファンで十分に冷却出来るのではないでしょうか・・

ということでシグマに決まり!
後は、デザインや電源との組み合わせですね。
そっちは悩みどころです。
デザインは実際にお店で確認できれば良いのでしょうが・・
人気ブログランキング←この記事を評価する場合はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック