らいっちのPC奮闘記

パソコン関連の購入と感想のレビューやトラブル記と解決レポートの個人ブログ。

■アイオーデータ DVR-ABN16R
二層DVD+RとDVD+RWが8倍速、±Rが16倍速、RAMが5倍速、CD-Rが48倍速という最新の高性能DVDドライブが定価10,400円というのは買い時ですね。
9月中旬発売だそうです。販売価格はほとんど定価と変わらないでしょう。
詳細はこちら

■Maxtor MaXLine III M7L300S0
平均故障時間100万時間の高品質内蔵ハードディスクドライブです。
SATA2(150)対応でバッファ16MB。ATA133対応版もあります。
販売価格は300GBで17,200円ぐらい。
詳細はこちら

■アイオーデータ HDH-UEH250
セキュリティーを強化した外付けUSB/IEEE1394ハードディスク。
ドライブ全体を設定したPCでしか使えない強力なセキュリティーや、パスワードによる暗号化を設定できます。
メールデータやオフィス文書やマイドキュメントの保存先として良いですね。
販売価格は250GBで23,000円ぐらいです。
詳細はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セキュリティーに強く管理しやすいJustsystemのメールソフト Shuriken Pro4の体験版を入れてみました。

迷惑メール判定機能、振り分け機能、レイアウトの変更や豊富なデザインなどとても良さそうなのでが、メールアカウントやフォルダの並び順の変更ができないなど不便な部分もあります。なにより、Becky2からの移行が大変です!ツールで簡単に移行できるのはVer1のみでVer2には対応していません。

訂正:別の場所にドラッグして重ねることにより並び順は自由に変更できました。重ねるとその中に作られてしまうと思いこんでいたのが原因です。Shurikenでは間に持ってくるのでなく重ねた場所に移動されます。

私は複数のアカウントでフォルダ振り分けも多いため、フォルダやBOXごとにemlで保存してShurikenで読み込むという作業はとても大変です。Becky2からの移行が簡単になるまで保留ですね。

とはいえ、安全で扱いやすいメールソフトとしてとても良くできていますので、Windows標準のメールソフトをお使いの人には断然おすすめです。メールの管理がしやすくウイルスの心配も減ります。企業での導入にも人気があるようです。

価格はJusutMyShopで税込み4200円と高機能でパッケージ販売の割にお手頃です。ダウンロード販売では税込み3675円です。初めてで使えるかどうか不安な人や使いこなしたい人には書籍「Shuriken Pro4モバイルリファレンス」も販売されています。

詳細と購入はJust MyShopへ
Just MyShopへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もっと気軽に書かないとブログじゃないですねー。頑張ります。

いつの間にかRip!AudiCOの新バージョンが公開されていましたので、早速ゲット。
このソフトは音楽の取り込みや変換に重宝しています。CDからのMP3、WMA、OGG、WAVへの変換や各ファイル形式からの相互変換もできます。もちろん、CDからの取り込み時にCDDBから曲情報の取得と登録が可能です。

シェアウェア版とフリーウェア版があり、シェアウェア版では14日間の使用期間の後3140円の振り込みが必要です。フリーウェア版では一度に5曲までの取り込みや変換しか行えません。

詳しくはRip!AudiCO公式サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ATOK15からATOK2005に変更しました。ATOK2005に変えたことでかなり不満が解消されました。

ATOK15では顔文字辞書の単語を増やそうとしたときに数が多いとエラーが起きてしまいあまり登録できませんでしたがATOK2005では問題なく登録できました。さらに使いかっても格段によくなっています。MS-IMEを使用している人はもちろん、古いATOKを使用している人もATOK2005に変更するメリットは十分にあります。

ATOK2005の新機能には、●最新の辞書を搭載 ●変換精度の向上 ●方言対応 ●入力ミスの訂正を学習 ●町名からの住所全体や郵便番号の変換 ●英単語の推測・省入力 ●英語の連想変換 ●アプリケーションごとの辞書設定 などがあります。

ポイントは入力ミスの学習とアプリケーションごとの辞書設定です。

変換して初めて入力ミスに気づきカーソルをずらして削除して変換し直すことも多いですが、これを学習することにより入力ミスの指摘や訂正が簡単に行えます。

ゲームなどではわざと違う文字に変換して話すこともありますが、それらが辞書に学習されてしまうとほかの入力時にも変な変換をされてしまい不便です。しかし、ATOK2005ではアプリケーションごとに辞書の設定を関連づけることができ、アプリケーションに合わせて自動的に設定が切り替わるので最適な辞書や入力支援で快適になります。

辞書システムを変更するのは面倒、よくわからなくて反対に不便という人も多いと思いますが、Justsystemの公式のガイドブック『ATOK 2005 マル秘テク 200』を一緒に購入すれば目的別に調べることができるためとっても簡単でした。

ATOK2005には通常版、電子辞典セット版、バージョンアップ版があります。電子辞典セットでは、単語(漢字)の意味を確認しながら変換することができるのでおすすめです。既に過去のATOKを持っている人はバージョンアップ版をお買い求めください。一太郎を持っており、ATOKだけを最新にしたいときは通常版をお買い求めください。一太郎2005にはATOK2005も搭載されていますので新たに購入の必要はありません。

ジャストシステム製品のお求めは、Just MyShopで!。バージョンアップ版はJust MyShopのみで取り扱っています。
・日本語入力には 3つの電子辞典もさらにパワーアップ!最新版、ATOK 2005 for Windows [電子辞典セット]
・ATOK搭載ワープロソフト 一太郎2005
・家庭向き統合ソフト(ATOKは別途お買い求めください) ホームPC活用統合ソフト ジャストホーム3

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

弟がPC買うというので選びました。

予算の都合上、DELLとEPSONは脱落。さすがにメーカーになると10万円PCはほぼ無理ですね。CPUはAthlon64かPentium4は欲しいところ、メモリは512MBは必須。

最新のショップブランドPCを比べると、ツクモはAthlon系が充実してますが価格的に厳しい、ツートップは問題外、ドスパラが一番ちょうど良いのがありました。

選んだのはPrime A Lightning MF64 OSセットです。標準構成価格税込みで89,800円。性能の割にやすくて一押しでした。

スペックは、●OS:Windows XP HomeEdition ●CPU:AMD Athlon64 3000+(Socket 939) ●メモリ:PC-3200 DDR-SDAM 512MBx2(1024MB) ●HDD:160GB SATA(7,200rpm) ●ビデオカード:nVIDIA GeForce 6600 128MB ●ケース Micro-ATX 400W電源(ミニタワー?)

ビデオカードにGeForce6600ですよ!安いPCはビデオカードを持っていないのがほとんどで、よくてもGeForce6200TCです。このスペックなら3Dゲームだって十分に動作可能!とってもお買い得です♪

ベンチマークを測ってみると、●FF Bench3 High:4030 ●FF Bench3 Low:6016 ●信長の野望Online:248 ●3DMark03 Free:4619 ●3DMark05 Free:2029

3DMARK03が低いのはビデオカードの限界でしょうか。私のAthlon XP 2200+とビデオGeForce6600GTでは、●FF Bench3 High:2634 ●F Bench3 Low:3693 ●信長の野望Online:205 ●3DMARK03 Free:6820 ●3DMARK05 Free:2937

比べてみると、FFや信長といったゲームではCPUの性能も重要だとわかります。ビデオカードだけ性能が高くてもCPUの性能が低ければ向上は低いですね。

 

モニターには最新のアイオーデータLCD-A172LBを選びました。価格は32,800円です。

NANAO(EIZO)では輝度とコントラストは100で使用すると一番綺麗な表示になりますが(眩しくて目が疲れるので両方バランスよくお下げて使用しています)、アイオーデータではコントラストは50が標準のようです。コントラストを上げると白い方に傾いてしまうらしく、文字などが読めなくなってしまい使い物になりませんでした。

視野角は上下・左右とも170°ですが、上下を傾けて使用していると色が崩れてるわけではありませんが、かなり見づらく感じました。改めてNANAO(EIZO)の素晴らしさを再認識しました。同じスペックならやはりNANAOが最高のようです。(その分価格もNANAOは高いですけどね)

 

ドスパラやツクモやDELLなどパソコンショップ一覧
パソコン本体の選び方
ディスプレイモニターの選び方

 

私が弟に譲った古いPCが壊れてしまったのが新PC購入のきっかけですが、前に使用していたHDDの引っ越しでトラブル発生!

ケースが小さいのでその分内部が狭く、HDDを取り付けるにはCPUクーラーを外さないと取り付けられません。安いケースなので、マザーボードをスライドさせる機構や、HDDのドライブベイを取り外すのは不可能です。

CPUクーラーはクーラーマスター製でレバーで簡単に取付・取外しできるタイプでした。しかし、なんということか、CPUクーラーを外したらCPUごと・・・(ーー;)

私も電話でなんにことだか状況がわかりませんでしたが、見に行くとCPUクーラーとのグリスであり得ないほどしっかりくっついていました!CPUは固定されている状態でしたがグリスとの粘着力の方が高くCPUごと外れてしまったようです。

CPUが固定されている状態はCPUのピンがしっかり加えられている状態です。その状態で外れてしまったので取り付けようにもピンが曲がっているらしくCPUソケットに入りませんでした。ピンは特別に曲がっているものは見あたらず、全体的に同じ方向に曲がっているような感じだったので、ピンを穴に誘導させるように角からソケットに押し込んでいったらうまく入ってくれました。

予想外のアクシデントでしたが、エラーもなくベンチマークも測れて良かったです。十分に使って熱を帯びるとグリスが原因でCPUごと外れるということはないと思います。購入したばかりのPCでCPUクーラーを取り外すときは十分に注意しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

GeForce6800Ultraの上位に当たるGeForce7800GTXの予約販売が開始されました!

6800Ultraと同等の価格(むしろ安い?)なので、最速ビデオカードが欲しい方に嬉しい知らせです。

7800GTXのすごさはPC WATCHをご参照ください。ピクセルパイプラインが16本から24本に増えてシェーダーエンジンはCine FX 3.0から4.0になっています。ピクセルパイプラインが増えると消費電力も増えるため大容量電源が推奨されます。

GeForce 7800 商品一覧icon
一緒に使いたいCPU Athlon64 X2icon
電源選びのポイントとおすすめ電源icon

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

iconicon

レーザーマウス MX1000の使用感の続きです。

バッテリーはMX700と同等でした!ゲームでマウス操作が激しいと毎日充電した方が安心です。1日でバッテリーが切れることは無さそうなので特に問題はないですけどね。

ゲームをするときは、サイドボタンにキーを割り当てるととても便利です。
ゲームではファンクションキーや数字ボタンに指を置いてることが多いですが、CTRLキーなどすぐに指を持って来れませんよね。操作しにくいキーをマウスに割り当ててしまうととっても便利です。
MX700ではキーを割り当てることが出来なかったので嬉しい機能です。横スクロールホイールとキーストロークの割り当て機能で購入する価値は大いにあると思います。

欲を言うと、ボタンの設定の切り替え機能が欲しいですね。
HP作成やゲームなど、する事によって割り当てるキーを変えられたらとっても便利だと思います。せっかくマウスのゲーム設定項目が作られたのですが、ボタンに割り当てている機能をゲーム用の設定に変更してくれる機能がないのは残念です。

MX1000販売店
5000円以上で送料無料のJoshin webicon
PCパーツが豊富なTSUKUMOicon

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

iconicon

オプティカルよりも遙かに精度が高い最新のレーザーコードレスマウスがセール価格で2000円も安い7980円だったので買ってしまいました。横スクロール機能付きのホイールはとってもベンリですね。

もっと重いかと思っていたのですがMX700と変わらず使えます。横幅が少し広がっていますが、横はあまり気になりませんね。縦は変わらないので特に不便はないです。

ちょっと「おや?」と思ったのが、ブラウザの「戻る」「進む」機能。親指で操作できるのは今まで通りなのですが、MDIBrowserで機能しません!IEでは問題なく機能するので、誤作動防止のためか特定のウインドーでしか機能しなくなったようです。新たに「アプリケーション専用の設定」というチェックボックスがあるのですが、これを切り替えてもMDIBrowserでは機能しません。

しかし、あらたに「キーストロークの設定」で特定のキーをボタンに割り振ることが出来るようになったので、戻るのショートカットキー[ALT+←]と進むのショートカットキー[ALT+→]をそれぞれ割り当てたら問題なくどのブラウザでも今まで通りボタンで「戻る」「進む」が行えるようになりました。。

親指中央のアプリケーションボタンに画面キャプチャーのショートカットキーなどを割り当てるのも便利そうです。MX700では用意されている機能しか割り当てることが出来なかったのでかなり便利になった気がします。各ボタンの操作も今までより格段に使いやすいです。

後は、バッテリーの保ち具合がどうなるかですね。MX700ではゲームをする場合、毎日充電しないと翌日にバッテリー切れになりました。MX1000ではフル充電で約21日とありますが、ゲームで使用していると省電力機能が働く暇がないので何日持つのか試し甲斐がありそうです。

最新のSetPoint(ロジクールのマウス設定ツール)をインストールしたら、新たにゲームの検出と設定項目が追加されています。ゲーム動作時にはマウスの設定を個別に維持するかどうか切り替えることが出来ます。

MX1000販売店
5000円以上で送料無料のJoshin webicon
PCパーツが豊富なTSUKUMOicon

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ